Android OneとAndroid One X1の違い

2017年07月01日 [日記]

2016年夏モデルのAndroid Oneと、2017年夏モデルのAndroid One X1。
今回の記事では双方の仕様や性能について、ベンチマークを含めて解説します。

外観の違い

どちらのカラーバリエーションも同じ3色展開です。
ただしホワイト系・ブラック系を除く1色は、青と緑で全く系統が異なります。

Android One (507SH)

Android One X1

仕様の違い

個人的に大きな改善点だと感じた項目を赤、次点を橙で表しています。

まずディスプレイがフルハイビジョンに対応し、画質と表示できる情報が向上した点。
つぎにレスポンスに影響するメモリが3GBに変更され、ストレージも32GBへ増加した点。
そしてやっとIEEE 802.11acと指紋認証に対応し、快適かつ便利に使用できる点です。

Android One 507SH
Android One X1
サイズ約71mm×約142mm×約8.8mm約74mm×約152mm×約8.9mm
質量約135g約169g
ディスプレイ約5.0インチ(720x1280)約5.3インチ(1080x1920)
OSAndroid 7.1
CPUMSM8952(1.5GHz×4+1.2GHz×4)MSM8940(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
RAM2GB3GB
ROM16GB32GB
外部メモリmicroSDXC(200GBまで)microSDXC(256GBまで)
アウトカメラ約1310万画素約1640万画素
インカメラ約500万画素約800万画素
連続通話時間(LTE)約1220分約1110分
連続待受時間(LTE)約745時間約710時間
受信速度(4G)最大187.5Mbps
送信速度(4G)最大37.5Mbps
電池容量3,010mAh3,900mAh
充電時間(最速)約140分約185分
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/nIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothVer.4.2
外部接続microUSBUSB Type-C
防水IPX5 / IPX7IPX5 / IPX8
防塵IP6X
テレビワンセグ
NFC対応
赤外線×
指紋認証×対応
テザリング最大10台

性能の違い

Antutu Benchmark

Geekbench 4

3DMark

ベンチマーク別対比率

番号1~5:Antutu Benchmark
番号6~15:Geekbench 4
番号16:3DMark

507SHのMSM8952とAndroid One X1のMSM8940では、動作周波数だけを見れば前者に軍配。
しかしGPUがAdreno 405からAdreno 505に変更されたため、3Dスコアが向上しています。

そのため総合的には、僅かながらAndroid One X1のほうが優れていると言えるでしょう。

ただひとつ気になる点は3GBメモリに増加しているにもかかわらず、メモリスコアが伸びていない点。
どのベンチマークにおいても87%~100%の推移になっており、なぜか100%を超えていません。

番号
項目
Android One
Android One X1
対比率
1Total4445146978106%
23D774810352134%
3UX1587416292103%
4CPU1489715175102%
5RAM5932515987%
6Single-Core Score70667195%
7Crypto Score431433100%
8Integer Score74969092%
9Floating Point Score383408107%
10Memory Score1164108193%
11Multi-Core Score24082538105%
12Crypto Score20782633127%
13Integer Score3357318895%
14Floating Point Score16992292135%
15Memory Score14161419100%
16Ice Storm Unlimited98569912101%


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ