AQUOS ZETA (SH-04H)の性能解説

2017年07月03日 [日記]

使い心地を究めたハイスピードIGZOを搭載した、2016年夏モデルのAQUOS ZETA (SH-04H)。
今回の記事では電池残量20%からでも約1日持つという、このスマートフォンを解説します。

デザインについて

カラーはホワイト、ブラック、グリーンの3色です。

引用元:AQUOS ZETA SH-04H | NTTドコモ

機能について

スクロールも動画も2倍なめらかな120Hz駆動

従来比2倍のコマ数を描画できるため、残像感の少ないハイスピードIGZOを搭載。
AQUOSならではの美しさを維持しつつ、くっきりスクロールが行えます。

電池を長持ちさせる長エネスイッチ搭載

うっかり充電を忘れても心配のない、電池を長持ちさせる長エネスイッチを搭載。
液晶画面の更新頻度を変えて消費電力を抑える、液晶アイドリングストップにも対応しています。

細部までハッキリ撮れる約2260万高画素カメラ

超高性能F1.9レンズと光学式手ブレ補正により、明るくブレの少ない写真撮影を実現。
4K動画から高静止画が切り出せる、あとからキャプチャーも搭載しています。

スペックについて

大きな特長を3つ挙げると、まず動作周波数が高いMSM8996と3GBメモリにより操作が快適な点。
つぎに約2260万画素センサーを備えた高画質カメラにより、美しい写真撮影が行える点。
そして3000mAhのバッテリーと各種省エネ機能により、少ない充電頻度で長時間使用できる点です。

AQUOS ZETA (SH-04H)
サイズ約73mm×約149mm×約7.6mm
質量約155g
ディスプレイ約5.3インチ(1080×1920)
OSAndroid 6.0(Android 7.0対応)
CPUMSM8996(2.2GHz×2+1.6GHz×2)
RAM3GB
ROM32GB
外部メモリmicroSDXC(256GBまで)
アウトカメラ約2260万画素
インカメラ約500万画素
連続通話時間(VoLTE)約1520分
連続待受時間(LTE)約560時間
電池持ち時間約100時間
受信速度(LTE)最大337.5Mbps
送信速度(LTE)最大50Mbps
電池容量3000mAh(着脱不可)
充電時間最速 約145分
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
MIMO2×2 MIMO
BluetoothVer.4.2
外部接続microUSB
防水IPX5 / IPX8
防塵IP5X
テレビワンセグ / フルセグ
NFC対応
赤外線×
指紋認証対応
テザリング最大15台
ハイレゾ対応

ベンチマーク結果

Antutu Benchmark

Geekbench 4

3DMark

各ベンチマーク平均値

SH-04H
平均値
結果A
結果B
結果C
Total107145108265107041106129
3D39023401014017936789
UX37065370123717837004
CPU22724223492237923443
RAM8334880373058893
Single-Core Score1473148214561480
Multi-Core Score3302335633233226
Ice Storm Unlimited25325255452533425095


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ