Audio Switcherの使用方法

2017年07月07日 [日記]

既定の再生デバイスや録音デバイスを、簡単に切り替え可能なAudio Switcher。
今回の記事ではこのソフトを導入し、ホットキーを割り当てるまでを解説します。

ダウンロード方法

Audio Switcherに移動し「中央のアイコン」を選択します。

すると画面が自動的にスクロールして、右側にダウンロードサイトが表示されます。

任意のサイトからダウンロードした「AudioSwitcher.zip」を解凍します。

使用方法

解凍したAudioSwitcher.zipのフォルダ内にある「AudioSwitcher.exe」を実行します。

タスクトレイにAudio Switcherが表示されたら、アイコンを「右クリック」します。

表示されるウィンドウから任意のデバイスを選択すれば、切り替えが完了します。

設定タブ一覧

Playback

再生デバイスに関するタブです。
各デバイスを右クリックすると、各設定項目が表示されます。

 

Recording

録音デバイスに関するタブです。
再生デバイスと同様に、右クリックで各設定項目が表示されます。

 

Settings

詳細設定に関するタブです。
私が有効にしているのは、下記の項目です。

Close to Tray:閉じるとタスクトレイに格納する
Start when Windows starts:Windows開始に起動する
Start minimized:最小化で起動する
Enable quick switch mode:クイックスイッチモードを有効化する

Hotkeys

ホットキーに関するタブです。

クイックスイッチモードの設定方法

再生デバイスタブもしくは録音デバイスタブで、任意のデバイスを「右クリック」します。
その後「Favorite Device」を選択し、2つ以上のデバイスに「☆マーク」を付けます。

 

詳細設定の画面で「Enable quick switch mode」にチェックが付いていることを確認します。

タスクトレイのアイコンを左クリックすると、設定したFavorite Deviceが交互に切り替わります。

ホットキーの設定方法

詳細設定タブを使う

ホットキー選択画面で、右下の「プラスアイコン」を選択します。

キーの割り当て画面が開いたら、上のメニューからデバイスを指定します。

 

続いて下のメニューに割り当てるキーを入力し「Add」を選択します。

 

一度設定したホットキーは、右下中央のペンアイコンから設定変更が可能です。

各デバイスタブを使う

各デバイスタブで、任意のデバイスを右クリックし「Set Hot Key」を選択します。
するとすでに割り当てるデバイスが入力された状態で、キー割り当て画面が開きます。

あとは下のメニューに割り当てるキーを入力して「Save」を選択します。

 

コントロールパネルの開き方

再生デバイスと録音デバイスのタブには、左下部に小さなアイコンがあります。

 

このアイコンをクリックすると、簡単にコントロールパネルへアクセスできます。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ