M320 HEの最大ダメージが変化する条件

2014年10月10日 [戦闘論]

前回の記事(2014年秋版のグレネード系ガジェットミニ解説)で解説が漏れていた、M320のダメージ。
今回の記事ではM320 HEの最大ダメージが55になる条件と、それを回避する方法を解説します。

解説元動画

M320 HEの最大ダメージが75だと報告を受けていますが、
私の環境下では74以上は確認できなかったため、本文では最大ダメージ74と表記します。

M320 HEのダメージ設計

動画で案内したように、M320 HEのダメージは爆破するまでの距離によって変化します。
直近で爆破させた最大ダメージは、なんとV40 MINIの58にすら劣る55。

近接でのM320 HEの有効性は、現在ほぼ存在しないと言って良いでしょう。

データファイル比較

項目和訳M320 HE(近距離)M320 HE(遠距離)M320 LVG
MaxOcclusionRaycastRadius不明0.500.500.50
InnerBlastRadius内部爆破範囲2.10m3.00m1.65m
BlastDamage最大ダメージ56.0075.0080.00
BlastRadius爆破影響範囲5.00m6.00m5.00m
BlastImpulse爆破衝撃?500.002000.002000.00
ShockwaveDamage衝撃波ダメージ?1.001.001.00
ShockwaveRadius衝撃波範囲?8.008.008.00
ShockwaveImpulse衝撃波衝撃?100.00500.00500.00
ShockwaveTime衝撃波速度?0.250.250.25

InnerBlastRadiusは、最大ダメージ(BlastDamage)が保証される範囲。
BlastDamageは、InnerBlastRadius範囲内のダメージ。なぜかM320 HEは、この値から-1される。
BlastRadiusは、その武器がダメージを与える範囲。BlastDamageから、距離に比例して減少する。

その他の項目は不明で、実数ではなく係数だと思われます。
衝撃波に関して予想するに、範囲内のプレイヤーに与える制圧効果を表しているのでしょうか。

m320x3

InnerBlastRadiusが赤色、BlastRadiusが橙色です。

M320 HEを直近で爆破させた場合

m320-he

M320 HE(近距離)のデータが利用されます。
最大ダメージが55となり、内部爆破範囲も2.10mと小さめ。

グレネードという分類でありながら、全3項目の中で最も着弾点からの影響が弱いです。

M320 HEを遠方で爆破させた場合

m320-he

M320 HE(遠距離)のデータが利用されます。
最大ダメージが74となり、内部爆破範囲も3.00mと大きめ。

全3項目の中で最大ダメージは2番目ですが、最も着弾点からの影響が強いです。

M320 LVGの場合

m320-lvg

M320 HEとは違い、データファイルに記載されているダメージは1種類です。
最大ダメージは80で、M320 HEとは違い爆破するまでの距離によって変化はしないようです。
(動画撮影後の追加検証となる、地面バウンド迫撃LVGにて無変化だと確認済)

全3項目の中で最大ダメージは1番目ですが、最も内部爆破範囲が小さいです。
そのため敵プレイヤーへ最大ダメージを与えるには、正確に射出する必要があります。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ