JPL内戦 “2nd” Golmud Railwayの作戦

2014年11月21日 [戦闘論]

11月22日(土)の21時から開催が予定されている、JPL内戦 “2nd”の作戦です。
今回の記事では3ラウンド目となる、Golmud Railwayの内容をまとめています。

このページは、2014年11月JPL内戦Bチーム 当日進行まとめから派生した詳細版です。

勝利目標 M-COMの破壊および防衛

参考動画

RU側の作戦

RUのみ、CNと比べVDV・T-90Aの数で有利。

拠点軽車両重車両
RU-本拠地VDVT-90A
T-90A

A&B分隊の初動

jpl-3r-ru-ab

a1~a5:突撃兵にて、M-COMの破壊。

RU-b1:p1にビーコンを設置し、MAVの操縦。
RU-b2~b5:p1のビーコンから出撃し、兵器の処理と裏攻め。

C&D分隊の初動

jpl-3r-ru-cd

RU-c1:戦車に搭乗し、M-COMの防衛。工兵(メカニック)が望ましい。
RU-c2:戦車に搭乗し、c1の防衛。工兵(メカニック)が望ましい。
RU-c3~c5:戦車の修理とM-COMの防衛。必ず2番席を確保する。2番席はd1/d2でも良い。

RU-d1/d2:c1の周囲にMP-APSを設置し、迫撃砲で支援。援護兵(間接射撃)が望ましい。
RU-d3:予備枠。
RU-d4:予備枠。
RU-d5:予備枠。

US側の作戦

拠点軽車両重車両
CN-本拠地T99

A&B分隊の初動

jpl-3r-cn-ab

CN-a1~a5:突撃兵にて、M-COMの防衛。

CN-b1:p1にビーコンを設置し、MAVの操縦。
CN-b2~b5:p1のビーコンから出撃し、兵器の処理と裏攻め。

C&D分隊の初動

jpl-3r-cn-cd

CN-c1:戦車に搭乗し、M-COMの防衛。突撃兵(衛生兵)が望ましい。
CN-c2~c5:戦車の修理とM-COMの防衛。必ず2番席を確保し、M-COMの片方を注視する。

CN-d1/d2:c1の周囲にMP-APSを設置し、迫撃砲で支援。援護兵(間接射撃)が望ましい。
CN-d3:予備枠。
CN-d4:予備枠。
CN-d5:予備枠。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ