等倍率サイトの特徴(ピストル編)

2014年05月02日 [戦闘論]

ピストル以外の武器であれば、各武器ごとにアイサンサイトが大きく変化します。
しかしピストルのアイアンサイトは武器ごとに変化が少なく、どれも無難な形状です。

この記事では、ピストルにおけるアイアンサイトと等倍率サイトの特徴について解説します。

アイアンサイトの利点

pistol

まずこの画像を確認して下さい。

するとアイアンサイトと光学サイトの狙いやすさにはほぼ違いが見られないものの、
光学サイトの構造には欠かせない外枠が、僅かに視野を妨害していることに気づくと思います。

ピストルで中~遠距離に対応することが少ないとはいえ、視野が広いに越したことはありません。
どうしても「光学サイトが狙いやすい」という方で無い限り、アイアンサイトを試してみましょう。

きっと外枠がある光学サイトに比べ、スムーズに敵プレイヤーを補足できるはずです。

光学サイトの利点

もちろん光学サイトにも、アイアンサイトに勝る部分があります。

p-md

例としてアイアンサイトの利点を赤、光学サイトの利点を青で示してみました。

前述の通り、光学サイトは枠による視野の減少が欠点です。
しかしアイアンサイトでは銃身で隠れてしまう、着弾点の下部まで視野を確保できる利点があります。

p-md-2

仮に「Aを狙っている最中に、柱からBが出現する」という状況に遭遇したとしましょう。

p-md-3

光学サイトでは青の範囲がサイトの範囲内ですから、即座に対応することができます。
しかしアイアンサイトでは青の範囲が銃身で隠れてしまい、柱からBが出現したことに気づけません。

このような状況はあまり多くはありませんが、光学サイトの特徴として覚えておきましょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ