Patech USB Type-Cケーブル レビュー

2015年12月22日 [日記]

アルミニウムとナイロン繊維ケーブルを採用した、ケーブル長1mのType-C to USB2.0ケーブル
今回の記事では新しいMacBookやChromeBookなどに対応する、この商品をレビューします。

Patech – Type-C to USB2.0ケーブル

USB Type-Cケーブルのポイント

高耐久設計
頑丈なアルミニウムとナイロン繊維ケーブルを採用した、高耐久設計です。
最大2.4A対応
接続端末をより高速で充電が可能な、最大2.4A出力に対応しています。
リバーシブル
表裏の区別なく自由自在に接続できる、USB Type-Cに対応しています。

商品説明

patech-use-type-c-01

USBケーブルがビニール袋に入った状態での到着です。

patech-use-type-c-02

便利なケーブルタイが付属しています。

patech-use-type-c-03

リバーシブルのUSB Type-Cコネクタです。

patech-use-type-c-04

およそのコネクタサイズは、幅12mm×厚み6.5mmです。

patech-use-type-c-05

こちらがUSB Aコネクタで、対応速度はUSB2.0です。

patech-use-type-c-06

コネクタの外装には、USB Type-C側と同じくアルミニウムが採用されています。

patech-use-type-c-07

ケーブルには、耐久性に優れたナイロンメッシュを採用しています。

まとめ

新しいMacBookやChromeBookで採用され始めた、USB Type-C対応のケーブルです。
リバーシブル設計のUSB Type-Cですから、表裏の区別なく差し込める点が便利です。

またコネクタにはアルミニウムを、ケーブル皮膜にはナイロン繊維ケーブルを採用。
損傷や摩耗への耐久性を備え、高品質の銅線による安定したデータ転送も配慮されています。

しかし気になるのは、USB3.0ではなくUSB2.0対応に留まっていること。
これではせっかくUSB Type-Cを利用して接続できても、その高速性が活かせません。

つまりこのケーブルは充電を主な目的とする方や、転送速度を気にしない方に適すると言えます。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ