デジタル表示のアルコールセンサー レビュー

2016年01月04日 [日記]

見やすいバックライト付き液晶を搭載した、デジタル表示のアルコールセンサー
今回の記事では息を吹きかけるだけで簡単にチェックができる、この商品をレビューします。

Qtuo – アルコールセンサー

アルコールセンサーのポイント

デジタル表示
暗いところでも視認できる、バックライト付き液晶を搭載しています。
簡単チェック
使用方法は電源を入れて、側面のノズルから息を吹き込むだけです。
スリム設計
ポケットに入れても邪魔にならない、スリムなボディです。

商品説明

alcohol-sensor-01

パッケージは、無地のホワイトです。

alcohol-sensor-02

商品内容はアルコールセンサー、取扱説明書、交換用ノズルカバー×4の3点です。

alcohol-sensor-03

アルコールセンサー中央下部には、電源ボタンを搭載しています。

alcohol-sensor-04

左側面には、息を吹き込むためのノズルを搭載しています。

alcohol-sensor-05

ノズルには、ノズルカバーを差し込めます。

alcohol-sensor-06

ノズルカバーを使用していない状態です。

alcohol-sensor-07

本体背面には、電池蓋を搭載しています。

alcohol-sensor-08

電池蓋を開けると、単4電池×3本を入れられます。

alcohol-sensor-09

電源ボタンを押すと、待機状態に入ります。

alcohol-sensor-10

待機状態を終えると「息を吹き込め」という表示に切り替わります。

alcohol-sensor-11

その表示中に息を吹き込むと、アルコール濃度を確認できます。

alcohol-sensor-12

濃度が表示された状態で電源ボタンを押すと、単位の切り替えが可能です。

alcohol-sensor-13

アルコール濃度の表示は、全部で4種類(%BAC、‰BAC、mg/L、mg/100ml)に対応しています。

まとめ

ポケットサイズのボディながら、簡単にアルコール濃度をチェックできるアルコールセンサーです。
電源ボタンを押すと約20秒の待機時間がありますから、慌てずBLOW表示が出るまで待ちます。

その後BLOW表示を確認してノズルから息を吹き込むと、ブザー音とともに結果が表示されます。
測定結果の単位はボタンを押すごとに切り換えでき、電源は自動でオフになるため手間がありません。

ちなみにアルコール度数5%・350mlの缶チューハイを飲んでテストしてみたところ、
飲んだ直後が44mg/100ml、1時間後が27mg/100ml、2時間後が8mg/100mlという結果に。

このように時間の経過に応じて順調に減っていったので、精度は概ね参考になりそうです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ