Merit アロマディフューザー レビュー

2016年01月05日 [日記]

超音波振動でミクロの霧を吹き出す、コンパクトなアロマディフューザー
今回の記事では7色の幻想的な光が雰囲気を演出する、この商品をレビューします。

Merit – アロマディフューザー

アロマディフューザーのポイント

輝度調整対応
ライトボタンを押すことで、各色の明るさを2段階から選択できます。
アロマ対応
リラックス効果を促してくれる、アロマオイルに対応しています。
シンプル設計
動作は2つのボタンに集約されており、迷うことがありません。

商品説明

mrit-aroma-diffuser-01

パッケージは、縦長の無地仕様です。

mrit-aroma-diffuser-02

商品内容は取扱説明書、水差し、加湿器、ACアダプタの4点です。

mrit-aroma-diffuser-03

筐体のカラーはホワイトです。

mrit-aroma-diffuser-04

上方に向かって窄まっていくデザインです。

mrit-aroma-diffuser-05

正面下部には、ライトボタンとミストボタンを搭載しています。
注意して見ないとわかりませんが、電球と温泉のようなイラストが刻まれています。

ライトボタンを1度押しで、ライトのローテーションが始まります。
以後ボタンを押すごとに色が変化していくのですが、各色2つの輝度が選べます。

またミストボタンは1度押しで電源が入り、緑色のランプは3時間運転に対応。
もう一度押すと赤色に変わり、連続運転に切り替わるようです。

ちなみにどちらも、ボタンを長押しすることでライトの消灯、もしくは電源オフが行えます。

mrit-aroma-diffuser-06

ミストボタンで電源を入れると、この穴から水蒸気が吹き出します。

mrit-aroma-diffuser-07

底面には水蒸気を送り出すファンや、ACアダプタ端子を備えています。

mrit-aroma-diffuser-08

カバーを回して外すと、水のタンクが現れます。

mrit-aroma-diffuser-09

水量のラインは限界値の1つしかありませんので、細かい水量の調整は行えません。

mrit-aroma-diffuser-11

付属の水差しに示された最大水量は、150mlです。

mrit-aroma-diffuser-10

付属のACアダプタは100~240Vの入力と、24V/0.65Aの出力に対応しています。

まとめ

2つのボタンでライトやミストの管理を行う、シンプルなアロマディフューザーです。
これまで紹介してきた類似品と大きな違いはなく、カバーを開けて水を入れるだけで使用できます。

強いて違う点を挙げるとするなら、搭載されたライトが高/低の輝度調整に対応していること。
色のローテーションはもちろん、ボタンを押すごとに色を固定でき、2段階の明るさから選べます。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ