CB-H15 有線LAN付きUSB3.0ハブ レビュー

2016年01月05日 [日記]

1000Mbps対応の有線LANポートを搭載した、3ポートUSB3.0ハブのCB-H15
今回の記事では難燃性の素材を採用して安全性と耐久性を高めた、この商品をレビューします。

Aukey – USB3.0ハブ CB-H15

CB-H15のポイント

有線LAN搭載
10M/100/1000Mbpsに対応した、RJ-45コネクタを搭載しています。
USB3.0対応
高速なデータ転送が行えるUSB3.0ポートを、3つ搭載しています。
安全設計
難燃性の素材と過電流機能により、安全性を高めています。

商品説明

cb-h15-01

パッケージの画像からは、有線LANとUSBポート両方が搭載されていることが確認できます。

cb-h15-02

商品内容はUSB3.0ハブ、メッセージカード、取扱説明書、ユーティリティCDの4点です。

cb-h15-03

USBケーブルは本体直付けになっており、ハブの終端からコネクタ先端までが約320mmです。

cb-h15-04

正面にLANポート、上部にUSBポートを3つ搭載しています。

cb-h15-05

LANポートの下部には、オンボードと同じようにアクセスランプを搭載しています。

cb-h15-06

USBポートの付近にも、アクセスランプを搭載しています。

cb-h15-07

本体の塗装はつや消し仕様になっており、素材も影響して少し安っぽい印象です。

cb-h15-08

裏面には何もありません。

まとめ

安価でありながらも1000Mbps対応のLANポートを搭載した、3ポートのUSB3.0ハブです。
LANポートを動作させるにはドライバの導入が必要ですが、便利であることに疑いはありません。

またLANポートおよびUSBポートのどちらにもアクセスランプを備えており、動作状況の確認が可能。
各USBポートの間隔も広いため、コネクタに多少厚みがある周辺機器の接続も容易となっています。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ