BM-803 カーボン製のデジタルノギス レビュー

2016年01月12日 [日記]

0.1mm単位のデジタル表示で測定値が見やすい、カーボン製デジタルノギスのBM-803
今回の記事では軽くて測定物を傷つけにくい、この商品をレビューします。

Bigman – デジタルノギス BM-803

BM-803のポイント

デジタル表示
0.1mm単位で測定値が表示できる、液晶画面を搭載しています。
カーボン製
金属製に比べて軽量で、測定物を傷つけにくいカーボン製です。
電池付き
駆動に必要なボタン電池SR44が付属しているため、すぐに使用できます。

商品説明

bm-803-01

パッケージには、プラスチックケースが採用されています。

bm-803-02

商品内容はデジタルノギス、ボタン電池、取扱説明書の3点です。

bm-803-03

取扱説明書には、様々な測定の方法が掲載されています。

bm-803-04

ボタン電池は、液晶の画面の右側に入れます。

bm-803-05

電池を入れたのちに電源ボタンを押すと、液晶画面に測定値が表示されます。

bm-803-08

その後測定物を挟めば、簡単に厚みの測定が行えます。

bm-803-06

先端部の裏面には、型番や商品名が示されています。

bm-803-07

最大測定値は、155.9mmでした。

まとめ

液晶画面に0.1mm単位で測定値を表示できる、見やすく便利なデジタルノギスです。
本体はカーボン製となっているため軽く、金属製に比べて測定物に傷を付けにくい設計です。

また測定方法は外側測定、内側測定、段差測定、深さ測定、比較測定、間接測定の6種類に対応。
その方法は全て取扱説明書にイラスト付きで書かれてあり、親切な配慮がうかがえます。

※追記

試用して数ヶ月が経ちましたが、表示に狂いが出始めました。
症状としては一定値以上の測定を行おうとすると、測定値が勝手に上昇し始めるというものです。

1000mmを超えたあたりから、測定できるはずのない3000mmを超え6000mmに達します。
この症状が出るたびにノギスを縮めてZEROボタンを押さなければならず、憤りを感じます。

1000mm未満の測定では症状は出にくいため、0~1000mmまでの測定に留めたほうが良いでしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ