CL29W USB Type C to VGA変換ケーブル レビュー

2016年01月14日 [日記]

USB Type Cを搭載したパソコンに対応できる、VGA変換アダプタのCL29W
今回の記事では1,920×1,200までの解像度をサポートする、この商品をレビューします。

Patech – VGA変換アダプタ CL29W

CL29Wのポイント

Type C対応
MacBookやChromeBook Pixelに搭載された、USB Type Cに対応しています。
高解像度対応
鮮明な映像を楽しめる、最大1,920×1,200までの解像度をサポートしています。
小型設計
ケーブル長が約180mmと短く、持ち運び時に嵩張らない設計です。

商品説明

cl29w-01

パッケージは、ケーブルがビニール袋で保護されているだけです。

cl29w-02

Macと調和する、ホワイトのデザインを採用しています。

cl29w-03

USB Type-Cコネクタです。

cl29w-04

筐体は光沢感があります。

cl29w-05

VGA(D-Sub 15pin)コネクタです。

cl29w-06

USB Type-C側と同じ筐体デザインです。

cl29w-07

コネクタ両端には、確実にケーブルを接続できるネジ穴を搭載しています。

cl29w-08

今回の変換ケーブル CL29Wの重量は、約24gでした。

まとめ

USB Type-Cを搭載したMacBookや、ChromeBook Pixelに対応した変換ケーブルです。
このケーブルを利用することで、液晶ディスプレイやプロジェクターに接続が可能です。

また筐体には光沢感のあるホワイトを採用しており、Macに使用しても違和感のない設計。
解像度も1,920×1,200(1080p HD)まで対応していますから、高精細な映像が表示できます。

ちなみにケーブル長は、VGAコネクタ端からUSB Type-Cコネクタ端までが約180mm。
そのため接続するVGAケーブルには、気持ち長めのものを用意したほうが良さそうです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ