G-Pad ガラス製のマウスパッド レビュー

2016年01月19日 [日記]

正確かつ滑らかなマウス動作をサポートする、ガラス製マウスパッドのG-Pad
今回の記事では経年変化が少ないため半永久的に使用可能な、この商品をレビューします。

小間久商店 – G-Pad

G-Padのポイント

ガラス製
経年変化の少ないガラス製ですから、割れるまで半永久的に使えます。
滑りやすい
軽い力で滑るため手が疲れず、長時間の作業やゲームが快適に行えます。
コンパクト
それでも振り向き2cmの私には、少し大きいくらいのサイズです。

商品説明

g-pad-01

特殊な表面加工を施した、ガラスを素材に採用しています。

g-pad-02

マウスパッドとしては、小型の部類だと言えるサイズです。

g-pad-03

幅は約178mmです。

g-pad-04

縦は約217mmです。

g-pad-05

公称が幅178mm×縦218mmですから、大きな誤差はなさそうです。

g-pad-06

外観は、曇りガラスをイメージしてもらえればわかりやすいと思います。

g-pad-08

右下には検査証が存在します。

g-pad-09

ひっくり返してみました。

g-pad-10

文字が反対になっていますが、検査済であることが確認できます。

g-pad-11

また四隅には、シリコン製の滑り止めを搭載しています。

g-pad-12

円の表面積は、マウスソールより少し大きいくらいです。

g-pad-14

パッド本体の厚みは約4.6mmで、

g-pad-15

滑り止めを含んだ合計の厚みは約6.8mmです。

g-pad-13

そのため、通常のマウスパッドに比べると厚さが際立ちます。

まとめ

私が随分前に布製マウスパッドから乗り換え、現在も使用し続けているガラス製マウスパッドです。
布製とは違い湿気の影響を受けないうえに汚れないことから、清潔に使用できることが大きいです。

またプラ製に負けないほどの滑りを実現しながら、プラ製のように表面が劣化しない点もポイント。
マウスを動かすとガリガリと音はしますが、マウスソールの消耗は布製とプラ製の中間くらいです。

しかし一般的なマウスパッドに比べると割高なだけでなく、少し厚みがあることが欠点。
それでも他のマウスパッドに移行しようとは思えない総合力が、私のお気に入りです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ