コンパクトなハンディ洗濯機 レビュー

2016年01月27日 [日記]

汚れをその場でピンポイント洗濯できる、衣類のシミ抜き用のハンディ洗濯機
今回の記事ではスプーン1杯の水だけで時短洗濯が可能だという、この商品をレビューします。

Ohuhu – ハンディ洗濯機

レビュー動画

ハンディ洗濯機のポイント

手のひらサイズ
持ち運びに困らない、コンパクトなデザインです。
シミ抜き用
うっかり付いたシミ・汚れを、その場で対処ができます。
簡単設計
スプーン1杯の水だけで、簡単にクリーニングが行えます。

商品説明

handy-washing-machine-01

パッケージは縦長の無地デザインです。

handy-washing-machine-02

商品内容は洗濯機、クッションパッド、取扱説明書の3点です。

handy-washing-machine-03

本体は自立します。

handy-washing-machine-04

筐体には、ゴールドのメタリックカラーを採用しています。

handy-washing-machine-05

今のところカラーは1色展開です。

handy-washing-machine-06

上部には、電源ボタンを搭載しています。

handy-washing-machine-07

その隣には電池蓋があり、単4乾電池電池を3本入れられます。

handy-washing-machine-08

選択を行うノズル側です。

handy-washing-machine-09

正面から見ると、このような形です。

handy-washing-machine-10

全て分解すると、これだけのパーツに分かれます。

handy-washing-machine-11

タンクに水を入れる場合は、本体から完全に引き抜いて行います。
タンクを中に入れたまま水を入れたり、ここに直接水を入れてはいけません。

handy-washing-machine-12

今回のハンディ洗濯機の重量は、約192gでした。

まとめ

単4乾電池×3本で駆動する、ポータブルタイプのハンディ洗濯機です。
構造はシンプルそのもので、タンクに水を入れたのち電源を入れるだけで使用できます。

ただし使用する際には、クッションパッド、クッキングペーパー、洗剤の3点が別途必要。
つまりハンディ洗濯機単体では洗濯を行うことができず、準備に手間どるのも事実です。

それでも汚れがついた初期対応としては、ある程度の洗浄効果が見込めるのは確か。
外で使用するには準備物が嵩張るため、自宅に置いて使用するのが無難でしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ