HW-398M ワイヤレスヘッドセット レビュー

2016年02月02日 [日記]

最大約10mの音声信号伝送が可能な、ワイヤレス ゲーミングヘッドセットのHW-398M
今回の記事では非常に柔軟なフレキシブルアームを採用した、この商品をレビューします。

HUHD – ワイヤレス ゲーミングヘッドセット HW-398M

HW-398Mのポイント

ワイヤレス
最大約10mの音声信号伝送が行える、便利なワイヤレス設計です。
光デジタル対応
高音質サウンドが楽しめる、光デジタル接続に対応しています。
長時間駆動
フル充電時に、約12時間もプレイ可能なバッテリーを内蔵しています。

商品説明

hw-398m-01

パッケージから、ワイヤレスヘッドセットであることが認識できます。

hw-398m-02

商品内容はヘッドセット、接続図、送信機、各デバイス使用時のQ&A、マイク、オーディオケーブル、
USBケーブル×2、光デジタルケーブル、取扱説明書(日本語)、取扱説明書(英語)の11点です。

hw-398m-03

ヘッドセットのマイクは右側に存在し、着脱することができます。

hw-398m-04

ヘッドセットの左側です。

hw-398m-05

ヘッドバンドです。

hw-398m-06

ヘッドバンドは、頭の大きさに合わせて伸縮が可能です。

hw-398m-07

筐体のカラーには、落ち着いたブラックを採用しています。

hw-398m-08

登頂部のクッションです。

hw-398m-09

マイクはフレキシブル設計になっており、ある程度の自由が効きます。

hw-398m-10

上下はもちろん、口元に寄せることもできます。

hw-398m-11

イヤークッションです。

hw-398m-12

ヘッドバンドを調整しないと側圧がキツイですが、イヤークッションの厚みは問題ありません。

hw-398m-13

ヘッドセット左側後方に存在する、各種ボタンです。

hw-398m-14

ヘッドセット右側後方では、音量に関する調整が行えます。

hw-398m-15

ヘッドセット右側下部にはステレオミニジャックと、充電用のmicroUSB端子を搭載しています。

hw-398m-16

ヘッドセットに音声を送信する送信機です。

hw-398m-17

サイズはマウスの半分程度の大きさです。

hw-398m-18

裏面には光デジタル端子と、microUSB端子を搭載しています。

hw-398m-19

付属のmicroUSBケーブルはヘッドセットの給電用と、送信機の接続用で2本あります。

hw-398m-20

ステレオミニケーブルは、ヘッドセットを有線接続で利用するために使います。

hw-398m-21

光デジタルケーブルは、丸型ではなく角型です。

hw-398m-22

今回のゲーミングヘッドセット HW-398Mの重量は、マイク込みで約276gでした。

接続イメージ一覧

パソコンとの接続

hw-398m-pc

PlayStation 3との接続

hw-398m-ps3

PlayStation 4との接続

hw-398m-ps4

Xbox 360との接続

hw-398m-xbox-360

Xbox Oneとの接続

hw-398m-xbox-one

まとめ

パソコンだけでなく各種ゲーム機との接続が行える、ワイヤレスゲーミングヘッドセットです。
ヘッドセット右側に位置するマイクは着脱式で、フレキシブルアームにより位置の調整が可能です。

またヘッドセット後部のボタンやダイヤルを利用すれば、マイクのミュートや各種音量調整にも対応。
ヘッドセット自体の側圧は強めですが、ヘッドバンドを伸縮することである程度は緩和できます。

ちなみに音質は、先月紹介したBDS-939Pと同じ傾向。
要所要所で迫力がありだいたいの位置は把握できますが、解像感に優れているとは言い難いです。

そのほかマイクの音量は小さめで、ホワイトノイズが乗るうえ相手に声が擦れて聞こえる仕様。
しかしワイヤレスの利便性と長時間バッテリーに魅力を感じる方なら、適するかもしれません。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ