KS-257WT デジタルスケールのパカット レビュー

2016年01月25日 [日記]

表示画面を隠さずに計量できる、デジタルスケールのパカット(KS-257WT)
今回の記事では大きな操作ボタンと液晶画面を搭載した、この商品をレビューします。

DRETEC – デジタルスケール パカット KS-257WT

パカットのポイント

計量皿開閉機構
液晶画面が隠れるような大きさのものでも、測定可能です。
見やすい大型液晶
測定数値が視認しやすい、大型液晶を搭載しています。
押しやすいボタン
操作が容易な大きなボタンで、煩わしさがありません。

商品説明

ks-257wt-01

パッケージ上部には、パカットという商品名も印刷されています。

ks-257wt-02

裏面には、商品の特長や使用方法が掲載されています。

ks-257wt-03

商品内容はキッチンスケールと、取扱説明書の2点です。

ks-257wt-05

標準の状態です。

ks-257wt-04

計量皿の左右は、垂直に立ち上がるようになっています。
この機構は例えば段ボールや郵便物などの配達物や、ばらけてしまうパスタなどに適します。

g9000-19

私は通常のデジタルスケールでは計りにくい、ヘッドホンに使用しています。

ks-257wt-06

裏面には電池蓋が存在します。

ks-257wt-07

駆動には単4乾電池×2本が必要ですが、最初から電池が同梱されているため安心です。

ks-257wt-08

液晶は大型ですから、測定数値も見やすいです。

まとめ

計量皿の開閉機構を搭載した、便利なキッチンスケールです。
普段は通常状態で使用し、計量対象に合わせて計量皿を立ち上げて対応します。

また液晶画面だけでなく測定数値も大きめで、ボタン操作もシンプルな設計。
計量皿を開いても測定値が変動することはありませんから、信頼性も高そうです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ