IMP アルミ合金採用のHi-Fiプレーヤー レビュー

2016年02月03日 [日記]

スマートで簡単に操作ができる、タッチボタン搭載Hi-FiプレーヤーのIMP
今回の記事では超高音質で音楽空間を盛り上げてくれるという、この商品をレビューします。

AGPtEK – Hi-Fiプレーヤー IMP

IMPのポイント

高音質設計
MP3/WMA/WAV/APE/FLACを、高音質で再生できます。
アルミ合金採用
高級感と耐久性を併せ持つ、アルミニウム合金を採用しています。
microSD対応
最大64GBのmicroSDXCに対応し、容量の拡張が容易に行えます。

商品説明

imp-01

パッケージは黒く、IMPという商品名に合致したデザインです。

imp-13

内箱も変わったデザインです。

imp-02

商品内容はプレーヤー、ポーチ、取扱説明書×2、USBケーブルの5点です。

imp-12

使用イメージです。

メモリーカードは、AGPtEKの32GB microSDHCカード
イヤホンは、Inateckのカナル型イヤホンであるAries (BH1101B)です。

imp-03

筐体には1.3型の液晶画面と、アルミニウム合金を採用しています。

imp-11

液晶表示は日本語に対応しており、漢字・カタカナ・ひらがなも表示できます。

imp-04

側面にはボリュームボタンを搭載しています。

imp-05

背面には、メーカーロゴと商品名が存在します。

imp-06

上部には電源ボタンがあります。

imp-07

下部にはmicroUSB端子、microSDカードスロット、イヤホン端子を搭載しています。
microSDカードは、最大64GBのmicroSDXCまで対応しています。

imp-08

充電用のmicroUSBケーブルです。

imp-09

持ち運び用のポーチに、プレーヤー本体を入れたところです。

imp-10

今回のHi-Fiプレーヤー IMPの重量は、約79gでした。

まとめ

アルミニウム合金を採用したことで耐久性を高めた、高音質設計のHi-Fiプレーヤーです。
そのためプラスチック筐体のプレーヤーに比べて高級感があり、落ち着いたカラーも魅力です。

また本体には1.3型の液晶画面と、スマートな操作が行える便利なタッチボタンを搭載。
内蔵された16GBメモリで足りなくなった場合には、microSDで容量を拡張できる点も嬉しいです。

さらに液晶表示は日本語に対応しており、転送した曲を迷わず選択可能。
実際の音質はHi-Fiを謳うだけあって高音質ですから、WAVやFLACをより綺麗な音で楽しめます。

今のところ気になる点は、フォントの解像度が低いことくらいでしょうか。

ちなみに同じ商品名の旧モデルでは、wolfson製のデコーディングICを内蔵していました。
新モデルとなった今回も内蔵しているとすれば、同価格帯に比べて大きな優位となるでしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ