TT-SK09 IPX4対応のBluetoothスピーカー レビュー

2016年02月08日 [日記]

耐水性能と耐振動性能により屋外使用に適する、BluetoothスピーカーのTT-SK09
今回の記事では6Wアンプとデュアルステレオスピーカーを搭載した、この商品をレビューします。

TaoTronics – Bluetoothスピーカー TT-SK09

ポイント

TT-SK09の特長

IPX4対応
アウトドアでは良くある天候変化に対応できる、耐水性能を備えています。
耐振動
もし落としてしまっても大丈夫な、ある程度の耐振動性能を備えています。
迫力サウンド
3W×2で合計6Wのアンプと、デュアルステレオスピーカー内蔵です。

商品説明

tt-sk09-01

SPEAKERという文字が、かなり主張したパッケージです。

tt-sk09-02

商品内容はスピーカー、取扱説明書、
USBケーブル、オーディオケーブル、メッセージカードの5点です。

tt-sk09-03

設置イメージです。

tt-sk09-04

こちらがスピーカーの正面で、

tt-sk09-05

こちらがスピーカーの裏面です。
どちらも上下にラバー素材を採用し、中央はメタルメッシュという構成です。

tt-sk09-06

スピーカー上部にはマイクや各種ボタンに加え、NFCを搭載しています。

tt-sk09-07

スピーカー底面には、仕様が掲載されています。

tt-sk09-08

スピーカー正面から見て右側には、電源ボタンや各種端子を搭載しています。

tt-sk09-09

カバーの内部には充電用のmicroUSB端子や、有線接続用のステレオミニジャックがあります。

tt-sk09-10

充電に使用する、microUSBケーブルです。

tt-sk09-11

有線接続に使用する、ステレオミニケーブルです。

tt-sk09-12

今回のBluetoothスピーカー TT-SK09の重量は、約235gでした。

音質テスト

まとめ

ラバーコートとメタルメッシュを採用した、薄型のBluetoothスピーカーです。
厚さ約28mmの本体に合計6Wととなる3Wアンプを2基と、スピーカーを2基内蔵しています。

また電源ボタンを側面を備え、各種ボタンは上部に3つのみ配置した設計。
Bluetoothのペアリングは標準の方法だけでなく、NFCを利用した2種類の方法で行えます。

ちなみに音質はバランス型で、サイズにしてはまずまず迫力がある印象。
しかし最大音量が小さいうえに全体的に解像感がなく、籠もって聞こえます。

さらに低音が強い音源では背面がビビるため、剛性の弱い机では振動が気になることも。

tt-sk09-led

そのほかアクセスランプは、図示したこの位置に存在。
メタルメッシュにより傾けると見えにくいため、ランプは正面から確認すると良いでしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ