Armor Plus IPX5対応のBluetoothスピーカー レビュー

2016年02月22日 [日記]

高音質な8Wのデュアルドライバを搭載した、BluetoothスピーカーのArmor Plus
今回の記事では大容量バッテリーで最大22時間の連続再生が可能な、この商品をレビューします。

Mpow – Bluetoothスピーカー Armor Plus

ポイント

Armor Plusの特長

パワフル
リッチなサウンドを提供する、8Wのデュアルドライバ搭載です。
IPX5対応
お風呂/シャワー/山登り/BBQなどに対応する、防滴設計です。
長時間駆動
5200mAhのバッテリーを搭載し、最大22時間の連続再生が可能です。

商品説明

armor-plus-01

パッケージは、Bluetoothスピーカーとしては比較的大きめです。

armor-plus-02

商品内容はBluetoothスピーカー、取扱説明書、ポーチ、
オーディオケーブル、USBケーブル、ハンドストラップの6点です。

armor-plus-03

スピーカー本体の設置イメージです。

armor-plus-04

正面には、大きくメーカーロゴが存在します。

armor-plus-05

背面はメーカーロゴが無い点を除いて、正面と同一のデザインです。

armor-plus-06

本体の周囲はラバーコードがされています。

armor-plus-07

ボタンは内部にあるため、隙間から浸水しない設計です。

armor-plus-08

正面と背面には、メタルメッシュを採用しています。

armor-plus-09

正面から見て左側には、各種端子とそれを保護するカバーが存在します。

armor-plus-10

カバーをめくると、AUX端子、USB端子、microUSB端子が現れます。
左から音声の入力、電源の出力、電源の入力に対応しています。

armor-plus-11

底面もラバーコートがされており、滑りにくい設計です。

armor-plus-13

付属のポーチは、スピーカーが余裕を持って収まるサイズです。

armor-plus-14

ハンドストラップは紐状のため、任意の位置で結ぶ必要があります。

armor-plus-16

充電用のmicroUSBケーブルです。

armor-plus-17

有線接続用のステレオミニケーブルです。

armor-plus-12

今回のBluetoothスピーカー Armor Plusの重量は、約1006gでした。

音質テスト

各モードは、EQボタンを押すことで切り換えが可能です。

低音強調モード

ノーマルモード

まとめ

約1kgという、ほかに類を見ない重量が特長のBluetoothスピーカーです。
8Wのデュアルドライバを搭載したことで、アウトドア向けのパワフルなサウンドを放ちます。

また筐体は前後にメタルメッシュを、周囲にはラバーコートを採用した無骨なデザイン。
本体はIPX5に準拠しているため、突然の雨や風呂場/台所の使用にも対応できます。

さらに側面にはUSB出力端子を備え、モバイルバッテリーとして利用することも可能。
それを支えるのは最大22時間の連続再生を実現する、5200mAhの大容量バッテリーです。

ちなみに音質は大音量ながらバランスの良い印象で、EQボタンにより2種類のモードに対応。
個人的には低音強調モードよりもノーマルモードのほうが、音のノビを楽しめるように感じました。

そのほか注意すべきは、AUX端子での入力時に常時ノイズが聞こえること。
さらに充電用のmicroUSB端子を接続すると、よりノイズが大きくなるという仕様です。

ただし音楽の再生中に気になるほどではありませんから、長時間一時停止しない限り問題無いでしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ