Android SDKの設定方法

2016年05月25日 [日記]

Android端末の詳細な設定を行う際に役立つ、フリーソフトのAndroid SDK。
今回の記事ではこのソフトを利用し、MoreLocale 2の準備方法を解説します。

ダウンロード方法

Android Studioへ移動し、Download Optionsを選択します。

android-sdk-download-01

installer_r24.4.1-windows.exeを選択し、

android-sdk-download-02

規約に同意したのち、ダウンロードします。

android-sdk-download-03

インストール方法

ダウンロードしたファイルを実行します。

android-sdk-icon

画面を確認し、次を選択します。

android-sdk-setup-01

javaのインストール先を確認し、次を選択します。

android-sdk-setup-02

任意の項目にチェックを入れ、次を選択します。

android-sdk-setup-03

Android SDKのインストール先を確認し、次を選択します。

android-sdk-setup-04

追加されることを確認し、次を選択します。

android-sdk-setup-05

Start SDK Managerにチェックを入れ、次を選択します。

android-sdk-setup-06

ライセンスに同意し、インストールを選択します。

android-sdk-setup-07

MoreLocale 2の準備方法

インストールを終えると、Android SDK Managerが起動します。
この3つの項目にチェックを入れ、画面を下にスクロールします。

android-sdk-manager-01

Google USB Driverにチェックを入れ、インストールを選択します。
この4項目以外のファイルは、任意で選択します。

android-sdk-manager-02

インストールが終わったら、該当のディレクトリに移動します。
その後Shiftキー&右クリックを行い、コマンドウィンドウをここで開くを選択します。

android-sdk-command-01

もしこのディレクトリが見つからない場合は、隠しファイルを表示させます。
左側の整理タブから、フォルダーと検索のオプションを選択します。

secret-file-01

フォルダーオプションが開いたら、表示タブへ移動します。
その後、該当のラジオボタンを有効にして適用し、ウィンドウを閉じます。

secret-file-02

無事コマンドプロンプトが開いたら、

android-sdk-command-02

adb shellと入力し、実行します。

android-sdk-command-03

Android端末が認識されたら、

pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

上記の文字列を入力します。
問題なくコマンドが通れば、MoreLocale 2の準備は完了です。

関連記事:MoreLocale 2で日本語化する方法

android-sdk-command-04


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ