EpicGear DeFiant キー交換対応のキーボード レビュー

2016年10月01日 [日記]

これまでの常識を覆す斬新な機構を搭載した、ゲーミングキーボードのEpicGear DeFiant
今回の記事ではキースイッチをユーザー好みに交換可能な、この商品をレビューします。

EpicGear – ゲーミングキーボード EGKFA2-BBJP-AMSG

参考動画

ポイント

EpicGear DeFiantの特長

軸交換可能
キースイッチを自由に交換可能な、斬新な機構「EG MMS」を備えます。
アンチゴースト
アンチゴースト機能や、10キーロールオーバーに対応しています。
プログラム対応
専用ソフトウェアにより、プログラムを各キーへ割り当てできます。

商品説明

今回の商品は、EpicGear様から提供頂いたものです。

epicgear-defiant-01

初回限定の交換用スイッチが付属しています。

epicgear-defiant-02

パッケージ本体です。

epicgear-defiant-03

パッケージの背面右側には、商品の仕様が各言語でまとめられています。

epicgear-defiant-04

パッケージの背面左側には、商品の特長が掲載されています。

epicgear-defiant-05

商品内容はキーボード本体に加え、

epicgear-defiant-06

取扱説明書、ステッカー、キー引き抜き工具の4点です。

epicgear-defiant-07

キー引き抜き工具は、両端で構造に若干違いがあります。

epicgear-defiant-08

キートップとキースイッチの変更方法です。
キートップには引き抜き工具のC側を、キースイッチにはS側を使用します。

epicgear-defiant-09

引き抜き部分の根元に、小さくCやSの記載があります。

epicgear-defiant-10

日本語108キーのフルキーボードです。

epicgear-defiant-11

キートップには変わったフォントを採用しており、ひらがな表記もあります。

epicgear-defiant-12

スペースキーはゲーム向けのためか、幅が広い設計です。

epicgear-defiant-13

キーボードの右上部には、大きくメーカーロゴが存在します。

epicgear-defiant-14

もちろんテンキーも、キースイッチの交換に対応しています。

epicgear-defiant-15

パソコンと接続するケーブルは、中央上部に存在しています。

epicgear-defiant-16

バックライトを点灯させたところです。

epicgear-defiant-17

バックライトはホワイトのみに対応しており、明るさは3段階で切り替え可能。
さらに点灯方法も多彩になっており、Fnキーとの組み合わせで選択します。

epicgear-defiant-18

キーボードの背面です。

epicgear-defiant-19

メッシュケーブルで絡みにくく、ノイズを低減するフェライトコアも備えています。

epicgear-defiant-20

背面上部にはスタンドを搭載しています。

epicgear-defiant-21

初回限定で付属している、交換用のスイッチセットです。(予価:税込2,800円)

epicgear-defiant-22

透明なプラスチックケースが付属しているため、内部でバラけることはありません。

epicgear-defiant-23

3色×8個で24個のキーがセットになっており、キー引き抜き工具も同梱されています。

epicgear-defiant-24

オレンジ軸のキースイッチです。

epicgear-defiant-25

背面には接点が剥き出しで存在します。

epicgear-defiant-26

画像右側上部の透明な部分は、バックライトを透過させるレンズです。

epicgear-defiant-27

それでは、実際にキーの交換を行っていきましょう。

epicgear-defiant-28

まずはキー引き抜き工具のC側を使い、キートップを外します。

epicgear-defiant-29

続いてキー引き抜き工具のS側を使い、キースイッチを引き抜きます。

epicgear-defiant-30

キースイッチの接点です。

epicgear-defiant-31

グレー軸とオレンジ軸をはめ込んでみました。

epicgear-defiant-32

今回のキーボードであるEpicGear DeFiantの重量は、ケーブルを除いて約934gでした。

キーの種類

EG Purple

eg-purple

クリック音のあるタクタイルタイプのスイッチで、色は紫。

標準採用された理由は、約1年に渡るツクモ店頭のテストで1番の人気を誇ったため。
某社のキースイッチで例えるなら青軸にあたり、小気味の良いタイプ音を奏でます。

しかし青軸に比べると音が穏やかで「騒音の原因になりにくいのでは」と感じました。

EG Orange

eg-orange

クリック感のあるタクタイルタイプのスイッチで、色は橙。

EG Purpleに比べてスイッチ感は抑えられており、人気はEG Purpleに次ぐ2番目。
某社のキースイッチで例えるなら茶軸にあたり、スイッチの感触が大人しめです。

「スイッチ感は必要だが、EG Purpleでは五月蠅い」という方に向くことでしょう。

EG Grey

eg-gray

キーストロークに比例して反発力が強くなるリニアタイプのスイッチで、色は灰。

実施テストでは3番目の人気ではあったものの、EG Orangeとの人気差は軽微。
某社のキースイッチで例えるなら赤軸にあたり、反発を利用したタイピングが行えます。

「スイッチ感は不要だ」という、私のようなプレイヤーが好みそうな感触です。

キー交換時の注意点

キースイッチ交換時に注意する点は、大きめのキートップを持つキーの場合です。
例えばスペースキーであれば、キースイッチ1個を両端の金具で支えている状態です。

epicgear-defiant-33

そのため他のキーと同じように勢い良く引き抜くと、最悪の場合故障する可能性も。
少しでも幅広なキーは、新調に力を掛けるようにしましょう。

またこのような構造を持つキートップが外れた時は、まず金具にキートップを接続。
それから被せるようにキーへ乗せると、問題なく交換を完了できます。

epicgear-defiant-34

ちなみにスペースキーのほか、このようなShiftも同じように金具で保持されています。
このようにシフトキー下部のキートップを抜かないと、交換しにくいキーもあります。

epicgear-defiant-35 epicgear-defiant-36

ソフトウェア

公式のGUI SOFTWARE & DRIVERから、DeFiant GUIをダウンロードします。
インストールすると、英語で起動します。

defiant-gui-menu

画面上部のLanguageから日本語を選択すると、日本語で表示されます。

defiant-gui-menu-japanese

キーマネジメント

各キーの機能割り当てを設定するページです。
マルチメディアキーを選択した場合は、この中から機能を選択します。

不要なキーが存在する場合は、キーの無効化も選択できます。

defiant-gui-key-management

マクロ

マクロを設定するページです。

defiant-gui-macro

サポート

ソフトやファームウェアのバージョンを確認するページです。

defiant-gui-support

まとめ

これまでに前例のない、キースイッチの交換に対応したメカニカルキーボードです。
別売のキースイッチを用意することで、自分だけのカスタマイズが行える点が強みです。

またキー配列は日本語108キーとなっており、今後発売される専用アクセサリでの拡張に対応。
暗い場所で役立つバックライトは明るさだけでなく、点灯方法も変更することができます。

そのほかアンチゴースト機能や10キーロールオーバー、マクロ&キー割り当て機能を搭載。
公式でダウンロードできるソフト「DeFiant GUI」を導入すれば、自由に設定が行えます。

――標準的なメカニカルキーボードに、キースイッチ交換機能であるEG MMSを備えたこの商品。
ゲーム向けとして必要な部分は削られておらず、決してイロモノではありません。

しかし気になる点は、まずキースイッチの入れ替えが行いにくい点。
専用のキー引き抜き工具を確実に差しこみ、まっすぐ引き抜かないとなかなか抜けません。

キー引き抜き工具がせめて金属製であれば耐久性が望めるうえ、タワミも低減できそうなもの。
しかしプラスチック製ですから、使用しているうちに削れたり、折れる可能性が付きまといます。

とはいえコツさえ掴めば交換の手際も良くなるため、それほど大きな影響はないとも言える水準。
キースイッチの取り外しが難しい場合は「上下に揺らしながら引き抜く」と良いようです。

つぎにフルキーボードとしては重量が軽いことと、スタンドが少し貧弱であること。
キー操作が荒いプレイヤーの場合、ゲーム中にキーボードが動いてしまうかもしれません。

全体的な総評としては、やはりキースイッチが交換できるという機能が魅力的な印象。
キーの位置により荷重を変えている他社製品もありますが、キースイッチの交換はより柔軟です。

自身の好みでキーの感触を変更できるというキーボードは、2016年秋の時点において皆無
潜在的な需要のために製品化までこぎ着けたメーカーの姿勢を、私は大きく評価したいと思います。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ