Windows 10のインストールメディア作成方法

2017年04月18日 [日記]

Windows 10の新規インストールに必要となる、インストールメディア。
今回の記事では公式のファイルを利用し、メディアを作成する方法を解説します。

メディア作成ツールのダウンロード

マイクロソフト公式にある、Windows 10のダウンロードページに移動します。
「ツールを今すぐダウンロード」を選択し、MediaCreationTool.exeを任意の場所に保存します。

保存したMediaCreationTool.exeを「実行」し、メディア作成の準備を始めます。

インストールディスクの作成方法

ライセンス条項を確認し「同意する」を選択します。

「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択して「次へ」進みます。

表示内容を確認し「次へ」を選択します。

ISOファイルを選択し「次へ」を選択します。

Wundows.isoのダウンロードが開始されます。

しばらく待つと、ダウンロードしたファイルの検証が始まります。

ファイルの検証が終わると、メディアの作成準備が始まります。

このウィンドウが開いたら「DVD書き込み用ドライブを開く」を選択します。

光学ドライブが認識されていると「書き込み」が選択できます。
確実なインストールメディアを作成したい場合は「書き込み後のディスク確認」にチェックします。

書き込みが開始されます。

ディスクイメージの書き込みが終わったら「閉じる」を選択します。

作成が完了した、インストールディスクの情報です。
容量は3.47GBですから、用意するDVDは一層式で問題ありません。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ