Instant WordPressの使用方法

2017年04月19日 [日記]

ローカルにWordPressの実況環境を簡単に構築可能な、Instant WordPress。
今回の記事ではインストール方法と、起動後の各ボタンについて解説します。

Instant WordPressとは?

オープンソースのブログ/CMSプラットフォームとして人気のある、WordPress。
しかしWordPressは通常サーバに展開して動作させるため、導入が多少面倒な側面があります。

WordPressの動作確認や仕様変更のたび、予備サーバを用意するのはサイト管理者の悩みの種。
そこでこのInstant WordPressを利用すると、それらの手間を簡単に解消してくれるのです。

一度Instant WordPressを導入しておけば、ローカル環境下でWordPressの動作が可能。
さらに外部メモリにインストールすれば、WordPressの動作環境を持ち運ぶことすらできます。

Instant WordPressの導入方法

ダウンロード

Instant WordPressに移動し「Download Now」を選択します。

Current Versionにある「Download Instant WordPress 4.5」を選択します。

「InstantWP_4.5.exe」を任意の場所に保存します。

インストールと起動

「InstantWP_4.5.exe」を実行します。

InstantWP_4.5を展開する場所を指定し「Install」を選択します。

その後このウィンドウが表示されたら「Close」を選択します。

インストール先の「InstantWP.exe」を実行します。

このウィンドウが表示されれば、Instant WordPressの起動は完了です。

各ボタンの機能

WordPress Frontpage

WordPressのトップページを開きます。

WordPress Admin

WordPressの管理画面を開きます。
初期設定のUsernameは「admin」で、パスワードは「password」です。

WordPressにログインできました。

Plugins Folder

WordPressのプラグインフォルダを開きます。

Themes Folder

WordPressのテーマフォルダを開きます。

MySQL Admin

データベースを開きます。
初期設定のユーザ名は「root」で、パスワードは「空欄」です。

データベースにログインできました。

Documentaiton

Instant WordPressに関する文書を開きます。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ