ImgBurnを利用したフォルダのISO化

2017年05月04日 [日記]

ライティングソフトとして比較的有名な、多彩な機能を備えるImgBurn。
今回の記事ではこのImgBurnを利用して、任意のフォルダをISO化する方法を解説します。

ダウンロード方法

The Official ImgBurn Websiteへ移動し、左上の「Download」を選択します。

ダウンロード元として「Mirror 7 – Provided by ImgBurn」を選択します。

インストール方法

ダウンロードした「SetupImgBurn_2.5.8.0.exe」を実行します。

「Next」を選択します。

規約を確認し「Next」を選択します。

インストール内容を確認し「Next」を選択します。

インストール先を確認し「Next」を選択します。

スタートメニューへ追加されますので「Next」を選択します。

Registry Optimizerのインストールはせず「Next」を選択します。

インストールが完了したら「Finish」を選択します。

フォルダのISO化

「ImgBurn」を実行します。

右側のメニューから「Create image file from files/folders」を選択します。

図示した位置に、ISO化したファイルを「ドラッグ&ドロップ」します。

直下のDestination内の「右にあるボタン」を選択します。

保存先を選択し、任意の名前を入力して「保存」を選択します。

準備ができたら、ウィンドウ最下部のアイコンを選択します。

内容を確認しながら「OK」を選択します。

 

 

作成が完了したら「OK」を選択します。

出力ISOの情報

左がオリジナルで、右がImgBurnで作成したISOです。
かなりファイルサイズが減少していますが、これは隠しファイルが保存できていないためです。

 


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ