CN-160 160灯LED搭載のカメラライト レビュー

2017年05月13日 [日記]

様々なデジタルカメラやビデオカメラに対応した、LEDライトのCN-160
今回の記事では側面のダイヤルで光量の調節が可能な、このライトをレビューします。

NEEWER – カメラライト CN-160

ポイント

CN-160の特長

160灯のLED
最大660ルーメンを実現する、160灯のLEDを搭載しています。
光量調節対応
本体側面にON/OFFと光量を調節可能な、ダイヤルスイッチ搭載です。
フィルター付属
撮影対象に応じて選べる、2種類のフィルターが付属しています。

商品説明


厚紙でできたシンプルなパッケージです。


商品内容はライト本体、変換アダプタ、取扱説明書、2種類のフィルター、フィルターケースの6点です。


本体前面に搭載された、160灯のLEDです。


色温度は5400k/3200kで、最大660lmの明るさを備えています。


付属している2枚のフィルターです。


フィルターケースにはポケットが2つあり、2枚のフィルターを同時に保管できます。


フィルターは、本体前面の上部からスライドさせて挿し込む設計です。


本体背面には、バッテリーを入れる場所が存在します。
左下にはスイッチを備え、隣り合う4つのLEDでバッテリーの残量を確認できます。


本体側面のダイヤルスイッチは、電源のON/OFFだけでなく光量も調節できます。


カメラと接続するホットシューです。
カメラとの固定は、その上部のパーツを回すことで行います。


首の部分にもダイヤルがあり、カメラライトの傾きを調節できます。


バッテリーケースの蓋を外した状態です。


単3形乾電池を利用する場合、ライトの点灯には合計で6本必要になります。


付属の変換アダプタを利用すれば、一部カメラの専用バッテリーを電源として使用できます。


実際に電源を入れ、点灯させた状態です。


クリアのフィルターを使用した状態です。


オレンジのフィルターを使用した状態です。


カメラライト本体のみの重量は、約237gです。


単3形乾電池を6本使用した時の重量は、約380gです。


フィルター1枚の重量は、約24gです。

ライトの光量テスト

   
左からライトオフ・微灯・光量半分・光量最大の写真で、いずれも無修正の撮影データです。

   
ホワイトバランス修正済みの画像です。

まとめ

手にとりやすい価格帯ながら、充分に明るい光源として利用できるカメラライトです。
側面のダイヤルスイッチを利用して、直感的に光量を調節できる点が大きな特長でしょう。

また電源には単3形乾電池を使用するため、電池切れにも瞬時に交換することで対応可能。
専用バッテリーの場合、充電済みの予備を用意しておかないと電池切れで撮影が止まる欠点があります。

とはいえ単3形乾電池以外にも、付属の変換アダプタを利用して一部カメラのバッテリーを代用可能。
ライトの使用頻度が一定の水準を超えるのであれば、こちらの方法を利用するのも良いでしょう。

そのほか本体背面には発光するLEDの数でバッテリーの残量が行える、便利なスイッチを搭載。
そして付属する2種類のフィルターを利用すれば、撮影対象の表情を変化させることもできます。

ちなみに実際の使用感は、バッテリー込みの本体が多少重いため安定性を損ないやすいことが欠点。
それでもやはり160灯のLEDは明るく、撮影対象に映りがちな影を見事に排除してくれます。

この時役立つのは光量の調整機能で、明るさ別に撮影しておけば撮影後の写真選別も容易に行えます。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ