docomo withの料金解説

2017年06月01日 [日記]

本日2017年6月1日より提供が開始となった、毎月1500円の割引がずっと受けられるdocomo with。
今回の記事では同じスマホを長く使うほどおトクになる、この新料金プランについて解説します。

docomo withとは?

同じスマホを長く使うほどおトクになる、ドコモの新料金プランです。
対象機種の購入と対象料金プラン×必須パケットパックの加入で、毎月1500円の割引が受けられます。

※1 月々サポートおよび端末購入サポートは適用不可

このプランの優れた点は、まず毎月1500円の割引がずっと継続されること。
他社のように期間限定ではなく、廃止条件を満たさない限り永年です。

つぎに、ベースとなる対象料金プランが3つ存在すること。
各々の通話頻度に応じて選択できるため、無駄なコストを抑えられます。

家族内通話無料 ⇒ シンプルプラン
5分以内の通話が無料 ⇒ カケホーダイライト
国内通話が24時間無料 ⇒ カケホーダイ

引用元:docomo with | NTTドコモ

料金概要

arrows Be (F-05J)を分割で購入し、子回線で加入した場合の税別料金です。

arrows Be (F-05J)の端末分割料金である1100円は、24ヶ月目で終了します。
しかしdocomo with適用による1500円割引は、25ヶ月目以降も継続されます。

シンプルプラン
カケホーダイライト
カケホーダイ
基本料金980円1700円2700円
spモード300円300円300円
シェアオプション500円500円500円
端末分割料金(24ヶ月間のみ)1100円1100円1100円
docomo with割引-1500円-1500円-1500円
月額合計(~24ヶ月目)1380円2100円3100円
月額合計(25ヶ月目~)280円1000円2000円

適用条件

docomo withが適用となる条件は、大きく分けて2つあります。

docomo with対象端末の購入

2017年6月1日の提供時点では、下記の2機種のみが対象となっています。
公式では順次拡大するという話ですから、選択肢が増えるまで待つのも良いでしょう。

・arrows Be (F-05J)
・Galaxy Feel (SC-04J)

参考記事:arrows Be F-05Jの性能解説

対象料金プランへの加入

①料金プランを、カケホーダイ・カケホーダイライト・シンプルプランから選択する
②パケットプランを、データパック・シェアパック・ビジネスシェアパックから選択する
(子回線となる、シェアパックオプションも対象です)

廃止条件

一度適用されたdocomo withが廃止される条件は、下記の3つです。

①月々サポートもしくは端末購入サポートありで、docomo with対象外端末を購入した場合
②docomo withの対象料金プラン以外へ変更した場合
③回線を解約した場合

いずれも特別厳しくない条件ですので、注意していれば問題ない条件だと言えるでしょう。

継続条件

docomo withは廃止条件を満たさない限り、端末を変更しても割引を継続することができます。

①月々サポートもしくは端末購入サポートなしで、docomo with対象外端末を購入する
②SIMフリー端末を別途用意し、docomo with対象端末のSIMを差し替える

上記どちらかの方法であれば、端末を変更してもdocomo withが廃止されることはありません。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ