Galaxy Feel SC-04Jの性能解説

2017年06月08日 [日記]

arrows Be F-05Jと同じく、毎月1500円の割引が受けられるGalaxy Feel SC-04J。
今回の記事ではdocomo withの第1弾対象となっている、このスマートフォンを解説します。

Galaxy Feel SC-04J解説

デザインについて

日本限定のカラーバリーションとなる、全3色での展開。
雨の日や水回りでも安心して使える、キャップレス防水・防塵に対応しています。

さらに屋外でもくっきり見える、Super AMOLED(有機EL)ディスプレイを採用。
落下を防止するストラップホールや、セキュリティを高める指紋認証も搭載しています。

引用元:Galaxy Feel SC-04J | ドコモ

特長について

手になじむサイズ感

昨今流行しているスマホ大型化に押され、発売が少なくなっている4.7インチ液晶を搭載。
バッグに入れてもかさばらず、優れたグリップ感によって片手操作も快適なスリムサイズです。

また筐体にはメタル素材と2.5Dガラスを採用し、シンプルで上質な仕上がりとなっています。

充実のカメラ機能

ホームボタン2度押しのクイック起動とF1.9レンズにより、暗い屋内でも素早く明るい撮影が可能。
手のひらシャッターやフローティングカメラボタンにフロントフラッシュなど、自撮り機能も満載です。

さらにベストショットをサポートする美顔モードだけでなく、撮影後のフィルターやスタンプに対応。
料理の写真をおいしく綺麗に撮影できる食事モードを利用すれば、SNSで注目を集めることでしょう。

大容量バッテリー内蔵

約8.3mmという薄さであるにも関わらず、4インチ台で最大の3,000mAh大容量バッテリーを内蔵。
約170時間という電池持ち時間だけでなく、約110分でフル充電を完了できる点も魅力のひとつです。

スペックについて

性能と価格を両立したコストパフォーマンス重視の設計です。

大きな特長は、まずExynos 7870という聞き慣れないもののオクタコアCPUを搭載している点。
つぎにローエンドでは削られがちなメモリが、ミドルエンドに並ぶ3GBとなっている点。
そして3,000mAhというバッテリー容量により、全体的な使用時間が延びている点です。

項目
Galaxy Feel
カラームーン ホワイト
インディゴ ブラック
オパール ピンク
サイズ約138mm×約67mm×約8.3mm
質量約149g
ディスプレイ約4.7インチ(720×1280)
OSAndroid 7.0
CPUExynos 7870(1.6GHz×8)
RAM3GB
ROM32GB
外部メモリmicroSDXC(256GBまで)
メインカメラ約1600万画素
フロントカメラ約500万画素
連続待受時間(LTE)約500時間
連続通話時間(VoLTE)約1180分
電池持ち時間約170時間
電池容量3,000mAh(着脱不可)
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothVer.4.2
外部接続microUSB
防水IPX5 / IPX8
防塵IP6X
SIMnanoSIM
VoLTE対応
テレビワンセグ
NFC対応
テザリング最大14台
ハイレゾ対応

ベンチマーク結果

Galaxy Feel (SC-04J)の実機にて、各ベンチマークを3回ずつ計測した結果です。
掲載画像は、左から数値が高かった順に並べています。

Antutu Benchmark

Geekbench 4

3DMark

各ベンチ平均

SC-04J
平均値
結果A
結果B
結果C
Total46341464824637546165
3D5779587757475713
UX17352173081745217297
CPU16989170801695016937
RAM6220621762266218
Single-Core Score723725721724
Multi-Core Score3658367836533643
Ice Storm Unlimited8461847684648443


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ