Android One (507SH)の性能解説

2017年06月29日 [日記]

常に最新のGoogle体験ができるという、Android Oneシリーズ第1弾の507SH。
今回の記事では、この5インチスマートフォンの仕様や性能について解説します。

Android One 紹介動画

デザインについて

カラーはスモーキーブルー、ホワイト、ブラックの3色展開。
ディスプレイにはIGZO液晶を採用し、特殊化学強化ガラスで保護されています。

引用元:507SH, Android One|Y!mobile(ワイモバイル)

機能について

OSアップデート対応

他のスマートフォンに比べ、いち早く最新のAndroid OSを体験できます。
さらに毎月アップデートされるセキュリティにより、安心して使えます。

キャップレス防水・防塵対応

キッチン周りやアウトドアに適した、キャップレス防水・防塵設計です。

地上デジタルテレビ放送対応

いつでもどこでもテレビが視聴可能な、ワンセグに対応しています。

スペックについて

全体的にローエンド ~ ミドルエンドレベルに収まっており、決して高性能ではない仕様。
利点は「最新のOSが利用できる」「電池持ちが長い」「防水・防塵対応」の3点ほどです。

欠点は搭載されているRAMが2GBであること、Wi-Fiの規格がIEEE 802.11 b/g/nの2点。
とくに後者は何世代も前の仕様に留まっており、昨今の使用状況には合致しにくいと言えます。

そのほか不思議なのは、200GBまでという中途半端なメモリーカードの対応状況です。

Android One (507SH)
メーカーシャープ
サイズ約71mm×約142mm×約8.8mm
質量約135g
ディスプレイ約5.0インチ(720x1280)
OSAndroid 7.1
CPUMSM8952(1.5GHz×4+1.2GHz×4)
RAM2GB
ROM16GB
外部メモリmicroSDXC(200GBまで)
アウトカメラ約1310万画素
インカメラ約500万画素
連続通話時間(LTE)約1220分
連続待受時間(LTE)約745時間
受信速度(4G)最大187.5Mbps
送信速度(4G)最大37.5Mbps
電池容量3,010mAh
充電時間(最速)約140分
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n
BluetoothVer.4.2
外部接続microUSB
防水IPX5 / IPX7
防塵IP6X
テレビワンセグ
NFC対応
赤外線×
指紋認証×
テザリング最大10台

ベンチマーク結果

Android One (507SH)の実機にて、各ベンチマークを3回ずつ計測した結果です。
掲載画像は、左から数値が高かった順に並べています。

Antutu Benchmark

Geekbench 4

3DMark

各ベンチマーク平均値

平均値
結果A
結果B
結果C
Total43461444514316342768
3D7719774878127596
UX15144158741486914689
CPU14696148971458814602
RAM5902593258945881
Single-Core Score708706709709
Multi-Core Score2207240822201993
Ice Storm Unlimited9853985698549849


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ