Sound Blaster PRO STUDIOソフトウェアレビュー

2015年03月15日 [日記]

CreativeのサウンドカードSound Blasterの管理ソフトウェアである、PRO STUDIO。
今回の記事では前回紹介したSB-Sound Blaster ZxRの関連として、このソフトをレビューします。

前回の記事:Sound Blaster ZxR ハイレゾ対応のサウンドカードレビュー

レビュー動画

Sound Blaster PRO STUDIOとは?

sound-blaster-pro-stuido

Creative | Sound Blaster ZxR より引用

Sound Core3Dプロセッサーに統合されたSBX Pro Studioテクノロジーは
PCでの音楽鑑賞や映画鑑賞、ゲームにさらなる迫力と臨場感を提供します。

ヘッドホンやステレオスピーカーであってもバーチャルにサラウンドスピーカーを
作り出すことで360度の3Dオーディオの世界観をリアルに実現します。

Sound Blaster PRO STUDIOとは、Sound Blasterの設定を一括で管理できるソフトウェアです。

Sound Blaster導入後はタスクトレイに常駐するため、画面の読み出しも容易。
設定項目は下記の7つに分類され、目的の設定画面へスマートにアクセスすることが可能です。

設定した内容はプロファイルとして保存できるため、気に入った組み合わせができた場合に役立ちます。

各設定項目

SBX PRO STUDIO

sound-blaster-pro-stuido-01

サウンドの出力に関する設定を行う画面です。

各項目にカーソルを合わせると、それぞれの効果が表示されます。
各項目の効果強度は、横のバーを利用して0~100%まで任意に調節できます。

CRYSTALVOICE

sound-blaster-pro-stuido-02

マイクの入力に関する設定を行う画面です。

マイクブーストはマイクの音量を増加しますが、小さな音を拾いやすくなります。
CrystalVoiceを有効化すると声質を変化させたり、ノイズやエコーの減少が可能です。

SCOUT MODE

sound-blaster-pro-stuido-03

ゲーム向けのサウンド設定を行う画面です。
Scout Modeをオンにすると、FPSで重要な様々な音を聞き取りやすくできます。

sound-blaster-pro-stuido-04

さらにホットキーを設定しておけば、デスクトップに戻ることなくオン/オフが可能です。

スピーカー/ヘッドホン

sound-blaster-pro-stuido-05

RCA出力端子とヘッドホン出力端子の切り替えを行う画面です。

sound-blaster-pro-stuido-06

図示したボタンを選択すると、より詳細な設定画面が開きます。

sound-blaster-pro-stuido-07

右上のスイッチを右にスライドすると、ヘッドホン出力端子から出力されます。

sound-blaster-pro-stuido-08

RCA出力端子の画面と同様のボタンで、ヘッドホンの詳細設定画面が開きます。

ミキサー

sound-blaster-pro-stuido-09

サウンド出力とマイク入力の関連性について設定を行う画面です。

イコライザー

sound-blaster-pro-stuido-10

全10種類のプリセットを選択し、音質を変化できる画面です。
各周波数は-24~+24dbの範囲で、任意に調節できます。

プロファイル

sound-blaster-pro-stuido-11

用意されているプロファイルを有効化したり、自身のプロファイルを保存できる画面です。
プロファイルの読み込みにはインポート、プロファイルの保存にはエクスポートを選択します。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ