Plextoolのインストール手順と使用方法

2015年05月02日 [日記]

先日紹介したPX-128M6Proに付属している、ユーティリティソフトのPlextool。
今回の記事ではPlextoolのインストール手順と、使用方法について解説します。

インストール手順

PX-128M6Pro付属のユーティリティCDを、パソコンのドライブにセットします。

plextor-start-0

画像のボタンを選択すると、

plextool-1

このウィンドウが開きますので、Nextを選択します。

plextool-2

内容を確認して、Nextを選択します。

plextool-3

インストール先を確認して、Nextを選択します。
個人的にシステムの機能向上に関するソフトは、システムドライブに選択することを推奨します。

plextool-4

通常はこのままで、Nextを選択します。

plextool-5

再度インストール先を確認して、Nextを選択します。

plextool-6

インストールが完了したら、Finishを選択します。

使用方法

DRIVE STATUS

drive-status

ドライブの状態を確認できます。

Plextool INFO

plextool-info

前述のDRIVE STATUSの説明です。
画面右のスライドバーを操作すると、隠れている文章を表示できます。

SECURE FORMAT

secure-format

完全初期化を行える機能です。
ただしシステムドライブを対象とすることはできません。

FW UPDATE

fw-update

フォームウェアの更新を確認できます。

DIAGNOSTIC SCAN

diagnostic-scan

読み書き速度の測定が行えます。

SMART DETAILS

smart-details

S.M.A.R.T情報を確認できます。

PlexTurbo

plexturbo-main

PX-128M6Proと実装メモリを利用して性能を高める機能です。
ただしPlexTurbo非対応のSSDや、RAID環境では利用できません。

plexturbo-note

選択後はこのような画面が出て、効果がシステム環境に左右されることを警告してきます。

Note

Plexturbo acceleration effect depends on available system resources.
Results may very due to occupancy of DRAM and overall system configuration.

Plexturboによる速度の向上効果は、利用可能なシステムリソースに依存します。
DRAMの占有率と全体的なシステム構成により、結果に大きな影響を及ぼすのです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ