EP-B4 Bluetooth 4.1対応のスポーツヘッドセットレビュー

2015年05月21日 [日記]

Bluetooth 4.1に対応した、ワイヤレスヘッドセットのEP-B4
今回の記事では激しい運動でも外れにくいデザインを採用した、この商品をレビューします。

Aukey 防汗・防水スポーツヘッドセット EP-B4

レビュー動画

EP-B4のポイント

Bluetooth対応
従来の規格(3.0)に比べ、より低電力で動作する4.1に対応しています。
防汗・防水設計
汗や水しぶきに強い防滴仕様で、スポーツに最適です。
マイク内蔵
DSPノイズキャンセルテクノロジー採用マイクで、通話も行えます。

商品説明

ep-b4-01

商品箱です。
開封するためには、箱の下部に貼られたシールを切る必要があります。

ep-b4-02

開封すると内箱が2個見えてきます。

ep-b4-03

内箱の中身を取り出した状態です。
商品内容は、イヤホン本体、イヤーピース&イヤーループ、USBケーブル、取扱説明書の4点です。

ep-b4-04

イヤホン本体です。
ワイヤレス規格であるBluetoothに対応していますから、スマートな外観です。

ep-b4-05

左右のイヤホンを見分ける方法はその形状のほか、コードとの接続部分でわかります。(画像はR=右)

ep-b4-06

右側のイヤホンにはマルチファンクションボタンや音量ボタン、マイクが搭載されています。

音量ボタンは最大と最小到達時に音が鳴るため、設定限界が容易に判別できます。
また対応端末との接続時には、長押しすることで早送りや巻き戻しも行えます。

そしてDSPノイズキャンセルテクノロジー採用のマイクは、クリアな通話を実現します。

ep-b4-07

AUKEYロゴが存在する場所が、マルチファンクションボタンです。
このロゴ部分に内蔵されたLEDが、電源状態の表示やペアリングの設定時に光ります。

ep-b4-08

対してこちらが左側のイヤホンです。(右側と同じく、根元にL=左の表記があります)

ep-b4-09

装着した際の前面側に、充電ポートを搭載しています。

ep-b4-10

付属品です。
3種類のイヤーピースと3種類のイヤーループから、好みの組み合わせを選択できます。

豆のような緑の部品はコードクリップだと思うのですが、固定する力はほぼありませんでした。

ペアリング方法

ep-b4-11

電源がオフの状態で、右側にあるマルチファンクションボタンを約5秒長押しします。
するとマルチファンクションボタンに搭載されたLEDが、青と赤の点滅を始めます。

ep-b4-pairing-1

LEDが点滅していることを確かめてから、Bluetooth対応の端末側でスキャンを行います。

ep-b4-pairing-2

Aukey EP-B4が表示されたら、タップして接続を押せば設定完了です。

ep-b4-pairing-3

もし設定中にパスキーまたはPINコードの入力を求められたら、0000と入力しましょう。

まとめ

スポーツ中の汗や水しぶきに強い防滴仕様が光る、Bluetoothヘッドセットです。
言われなければ小さくて気づきませんが、内蔵されたマイクにより通話にも対応しています。

採用されている無線規格Bluetooth 4.1により、連続待機時間は最大175時間と余裕のある設計。
連続通話時間は最大4.5時間とのことですから、音楽試聴だけならもう少し期待できそうです。

ペアリングの方法も機能ボタンを長押ししたのち、端末からスキャン&タップするだけのお手軽さ。
これならBluetooth機器の導入が初めての方でも、難なく接続を終えることができるでしょう。

またイヤーピースおよびイヤーループは、サイズの異なる各3種類入り。
組み合わせは全部で9通りになりますから、使用者に相性の良い組み合わせを選択できます。

唯一残念な点は、本体が丸洗いができる防水仕様ではなく、あくまでも防滴仕様であること。
しかし価格を考慮すれば、充分にコストパフォーマンスに優れるイヤホンだと言えそうです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ