C-04GUN 最大6.6A対応のカーチャージャーレビュー

2015年06月03日 [日記]

33W/6.6Aに対応した、USBポート×3搭載のカーチャージャーのC-04GUN
今回の記事では各ポートにインテリジェントチップを搭載した、この商品をレビューします。

Omaker カーチャージャー C-04GUN

レビュー動画

C-04GUNのポイント

最大6.6A対応
USBポートを3つ(2.4A+2.1A+2.1A)搭載しています。
SMART IC搭載
内蔵されたインテリジェントチップにより、最適な電流を出力します。
アルミニウム採用
筐体には錆色のアルミニウムを採用し、耐久性と質感を高めています。

商品説明

c-04gun-02

商品箱はシンプルで、商品の外観と特徴が容易に把握できます。

c-04gun-03

商品内容は、カーチャージャーとメッセージカードの2点です。

c-04gun-04

カーチャージャー本体は、光沢のあるボディです。

c-04gun-05

さらにメーカーロゴの周囲には、アルミニウムが採用されています。

c-04gun-06

USBポート周囲も同様に設計されており、安価なプラスチックよりも耐久性に期待が持てます。

c-04gun-07

搭載されたUSBポートは3つあり、上から5V 2.4A/2.1A/2.1Aの合計6.6Aとなっています。

c-04gun-08

ただし対応する入力は12V~18Vですから、24V車には使用することができません。

c-04gun-01

これまで紹介してきた、カーチャージャーと比べてみます。
左からRAVpowerのRP-CC02、AVANTEKのR02、OmakerのC-04GUNです。

参考記事1:RP-CC02 最大4.8A出力対応のカーチャージャーレビュー
参考記事2:R02 サボテン型のUSBカーチャージャーレビュー

c-04gun-09

商品箱を開封した状態です。

c-04gun-10

長さの比較がこの画像です。
今回のC-04GUNが最もコンパクトなサイズであることが、容易にうかがえます。

c-04gun-11

デザインが同系統となる、RP-CC02と比較してみました。
USBポートを3つ搭載しながらも、ほぼ同サイズに収まっています。

まとめ

最大6.6A対応という特徴が、大きく光るカーチャージャーです。
さらにUSB×3ポートを搭載していることで、出力面において他社よりも優れた機能を備えています。

各USBポートはいずれも2.1A以上に対応しているため、スマホだけでなくタブレットの充電も行えます。
またアルミニウム採用により質感が高く、車内でも主張することのない落ち着いたデザインも良好です。

USBポート同士の間隔が小さいことや、12V車でしか利用できないという僅かな欠点はありますが、
ケーブルを接続したり、24V車の一般世帯所有率を考慮すれば、些細な問題だと言えるでしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ