EP-B300-B1 ペット・トレーニングカラーレビュー

2015年06月15日 [日記]

便利な5つのモードを搭載した、ペット・トレーニングカラーのEP-B300-B1
今回の記事ではバイブレーションや静電ショックも行える、この商品をレビューします。

Esky ペット・トレーニングカラー EP-B300-B1

レビュー動画

EP-B300-B1のポイント

5モード搭載
これひとつで、静電ショック・振動・ビープ音・光・ホイッスルに対応します。
長距離使用可
最大300mの範囲でリモート操作が行え、ペットのトレーニングに役立ちます。
単4形電池駆動
いつでもどこでも交換可能な、乾電池で駆動します。

商品説明

ep-b300-b1-01

商品箱には商品内容が伝わりやすいよう、犬の写真が添えられています。

ep-b300-b1-02

商品内容はカラー(首輪)・リモコン・静電チェッカー・静電ショック用の調整金具(2組)と、
取扱説明書・メッセージカードの6点です。

ep-b300-b1-03

リモコン本体には液晶画面を搭載しており、現在のモードが認識しやすいです。

ep-b300-b1-04

左側面のPTTボタンでは、各モードの機能をこのボタンから実行できます。

ep-b300-b1-05

右側面のUP・DOWNボタンでは、一部モードの強弱を設定できます。

ep-b300-b1-06

背面のクリップを利用すれば、リモコンを容易に衣服やベルトに掛けられます。

ep-b300-b1-07

LEDモードでは、LEDボタンを押すことでリモコン右上部のLEDを発行させることができます。

ep-b300-b1-08

ホイッスルモードでは、PTTボタンを押すことでカラーから音を出すことができます。
リモコン正面右に搭載されたボタンを押すと、どのモードでもリモコン本体から音が出ます。

ep-b300-b1-09

振動モードでは、PTTボタンを押すことでカラーからバイブレーションを発生させます。
静電ショックの強弱はリモコン右側面のボタンにより、強度を0~100から自由に設定できます。

ep-b300-b1-10

静電ショックモードでは、PTTボタンを押すことでカラーから静電ショックを発生させます。
静電ショックの強弱はリモコン右側面のボタンにより、振動モードと同様に設定できます。

ただしこのモードは性質上ペットに少なくない刺激を与えますから、必ず事前にテストしましょう。
私がテストした限りでは、強度20程度でもずっと触れ続けるのは躊躇われるくらいでした。

ep-b300-b1-11

ペットの首に取り付ける、カラー(首輪)です。

ep-b300-b1-12

中央のボタンでは設定のリセットが行えます。
ボタンの左右にあるのは、静電ショック用の金具です。

ep-b300-b1-13

静電ショック用の調整金具と、静電チェッカーです。
通常の状態でペットに金具が当たらない場合は、この調整金具を使って高さを上げます。

静電チェッカーは、静電気が確かに流れているかを確認するのに役立ちます。

まとめ

ペットをトレーニングするという目的において、必要最低限の機能を備えた商品です。
上手く利用すれば、ペットの躾に多大な効果をもたらすことでしょう。

しかし注意すべきは、静電ショックモードただひとつ。
迂闊に使用すると、ペットの信頼を大きく損ねる可能性があるのです。

余程のことが無い限りは静電ショックを使用せず、最後の手段にすべきかと思います。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ