IC-BTT01 Bluetoothトランスミッターレビュー

2015年06月19日 [日記]

3.5mmオーディオ出力を利用する、BluetoothトランスミッターのIC-BTT01
今回の記事ではBluetooth V2.1 + EDRに対応した、この商品をレビューします。

iClever Bluetoothトランスミッター IC-BTT01

レビュー動画

IC-BTT01のポイント

3.5mmプラグ搭載
汎用性の高い、いわゆるヘッドホン出力に接続できます。
A2DP対応
オーディオを転送可能な、Bluetoothのプロファイルに対応しています。
充電ケーブル付属
充電しながら無線接続が可能な、充電ケーブルが同梱されています。

商品説明

ic-btt01-01

商品箱です。
至ってシンプルなデザインです。

ic-btt01-02

商品内容は取扱説明書、メッセージカード、トランスミッター、USBケーブルの4点です。

ic-btt01-03

トランスミッター本体は小さく、場所をとらない設計です。

ic-btt01-04

側面には電源ボタンと、充電コネクタのみ搭載されています。

ic-btt01-05

接続には3.5mmオーディオ端子を用いるため、幅広い機器で利用できます。

ic-btt01-06

付属のUSBケーブルは専用設計のため、紛失しないようにしましょう。

ic-btt01-07

USBケーブルをトランスミッターに差し込み、給電しながら使うこともできます。

ic-btt01-08

動画内で動作確認のため利用した、BluetoothスピーカーのBTSP-10です。
このスピーカーは、すでにこのブログでレビュー済の商品です。

参考記事1:BTSP-10 ポータブルBluetoothスピーカーレビュー
参考記事2:BTSP-10のBluetooth接続方法と音質テスト

まとめ

コンパクトながらしっかりと機能は果たす、Bluetoothトランスミッターです。
液晶画面を搭載していないため当初は設定に不安がありましたが、問題なく接続できました。

ただし説明書には、「0000」「1234」「1111」「8888」のPINコードを持つ機器が対象とも。
そのため一部機器ではペアリング(接続設定)が行えない可能性がありますので、注意しましょう。

ちなみにペアリング状態での駆動時間は、最大10時間ほど。
充電時間は約2.5時間と短く、充電用のUSBケーブルも付属していますから充分です。

また肝心の音質も、部屋の中で使用した限りでは良好でした。
音楽を流していないときは小さなノイズが乗りますが、電源を切れば聞こえなくなります。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ