PowerMini 3200 Power Bank モバイルバッテリーレビュー

2015年07月10日 [日記]

3,200mAhの容量を持つ、モバイルバッテリーのPowerMini 3200 Power Bank
今回の記事ではスリムなスティック型のデザインを採用した、この商品をレビューします。

Intocircuit モバイルバッテリー PowerMini 3200 Power Bank

レビュー動画

PowerMini 3200 Power Bankのポイント

3,200mAh対応
スティックサイズながら、大容量の3,200mAhに対応しています。
LEDライト搭載
本体の先端に、便利なLEDライトを搭載しています。
iSmart搭載
接続されたデバイスを自動的に検知し、適切な充電を行います。

商品説明

powermini-3200-power-bank-01

真っ白な商品箱です。
今回は型番が見当たらなかったため、正面下部の文面を記事タイトルに採用しました。

powermini-3200-power-bank-02

商品内容はモバイルバッテリー、ポーチ、USBケーブル、メッセージカード、取扱説明書の5点です。

powermini-3200-power-bank-03

モバイルバッテリー本体は、鉛筆のような色をしています。
重量も軽く、実測で78gでした。

powermini-3200-power-bank-04

電源ボタンの上部にはアクセスランプを搭載しており、充電と給電で点灯します。

powermini-3200-power-bank-05

USB Aコネクタの上部にmicroUSBコネクタを、下部にLEDライトを搭載しています。

powermini-3200-power-bank-06

電源ボタンを短く2度押すと、LEDライトが点灯します。
再度電源ボタンを2度押せば、LEDライトが消灯します。

powermini-3200-power-bank-07

ポーチの内部には、モバイルバッテリーを保護する素材が用いられています。

powermini-3200-power-bank-08

付属のUSBケーブルは、一般的なmicroUSBケーブルです。

まとめ

収納に困ることがない、スティック型のモバイルバッテリーです。
それでいて容量は3,200mAhですから、一般的なスマートフォンをフル充電できます。

また表面はつや消し塗装となっており、指紋汚れで貧相になることもありません。
先端の小さなライトは、日常生活のちょっとした暗がりを明るく照らしてくれます。

さらに持ち運びに役立つ、便利なポーチまで付属。
サイズは余裕がある設計ですから、モバイルバッテリーの出し入れもスムーズです。

ちなみに欠点を挙げるとするなら、出力が最大1Aであることぐらい。
そのためスマートフォンの充電には対応できても、タブレットを充電することはまず厳しいです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ