DS31 製品寿命10年の火災報知器レビュー

2015年07月09日 [日記]

10年という製品寿命を持つ、光電式センサー付き防火アラームスモーク検知器のDS31
今回の記事では煙を感知すると85dbの大音量で警告音を発する、この商品をレビューします。

X-Sense 火災報知器 DS31

レビュー動画

DS31のポイント

光電式センサー
ゆっくりと燃え上がる火と、早く燃え移る火の両方に対応しています。
大音量アラーム
煙を感知すると、85dbの大音量で警告音を発します。
長寿命設計
アラーム待機状態で10年持つため、メンテナンスの手間がありません。

商品説明

ds31-01

商品箱です。
“Photoelectric Smoke Alarm”とは、光電式センサー内蔵の煙報知器を表しているのでしょう。

ds31-02

商品内容は取扱説明書、火災報知器、取り付けネジの3点です。

ds31-03

取扱説明書はA3のサイズで、全て日本語で表記されています。

ds31-04

表の内容が裏にも続いており、表と同様に図と文字がビッシリです。

ds31-05

取り付けネジとアンカープラグが、各2個ずつ付属しています。

ds31-06

火災報知器本体です。

ds31-07

取り付け台にセットされているため、天井に取り付ける際には回して分離します。

ds31-08

取り付け台の中央には、固定ピンが2個付属しています。

ds31-09

この小さなピンは、設置が完了した火災報知器をロックするために使います。
取り付け台の円周上に穴がありますので、ここへ差し込むことで火災報知器の脱落を防止します。

まとめ

安価でありながら、10年間という長い製品寿命を備えた火災報知器です。
付属している取扱説明書は内容が充実した親切設計で、設置完了までを円滑にサポートします。

また取り付け台と火災報知器は、付属している小さなピンでロック可能。
肝心のアラームは音が大きく、一般的な家庭であれば心配のない音量だと思います。

ゲーミングパソコンは高性能であるが故に、発熱が籠もりやすいもの。
マザーボードや電源が煙を噴くこともありますから、安全のために導入するのも良さそうです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ