A1 有線接続対応のBluetoothヘッドホンレビュー

2015年08月01日 [日記]

長時間の連続使用でも疲れにくいよう設計された、BluetoothヘッドホンのA1
今回の記事では快適な軟質発泡ウレタン素材を採用した、この商品をレビューします。

Soundpeats Bluetoothステレオヘッドホン A1

レビュー動画

A1のポイント

各種操作対応
両端のイヤーパッド付近には、各種操作が行えるボタンを搭載しています。
快適設計
軟質発泡ウレタン素材を採用し、長時間の連続使用でも疲れにくい設計です。
有線接続可能
オーディオケーブルを利用すれば、有線のヘッドホンとしても使用できます。

商品説明

a1-01

商品箱の紙は厚く、しっかりとした印象です。

a1-02

商品内容はポーチ、ヘッドホン、オーディオケーブル、USBケーブル、取扱説明書の4点です。

a1-03

オーディオケーブルは両端がステレオミニプラグとなっており、フラットな仕様です。

a1-04

USBケーブルは、ヘッドホンを充電するために使用します。

a1-05

Bluetoothヘッドホン本体です。

a1-06

左右とも90度の範囲で回転させることができます。

a1-07

左右の下部には各種コントロールボタンを搭載しています。

a1-08

左側には一時停止/再生、曲送り、曲戻しボタンを搭載しています。

a1-09

さらに前面には、通話用のマイクまで搭載しています。

a1-10

対して右側にはボリュームアップ、ボリュームダウン、電源ボタンを搭載しています。

a1-11

電源ボタンの横にはmicroUSBコネクタと、ステレオミニジャックを搭載しています。

a1-12

このステレオミニジャックへ付属のオーディオケーブルを差し込めば、有線でも利用できます。

a1-13

イヤーパッドの大きさは、耳を覆うために調度良い大きさです。

a1-14

イヤーパッドの厚みも問題ありませんでした。

a1-16

ヘッドホンバンドは、ある程度の範囲で伸ばすことができます。

a1-15

左右のヘッドホンバンドを、最大まで伸ばした状態です。

a1-17

頭頂部のクッションも厚めで、優しくヘッドホンを保持してくれます。

a1-18

左側にはアクセスランプを備え、電源とペアリング状態を確認できます。

a1-19

右側にはバッテリーを備え、ケースを上方向にスライドさせることができます。

a1-20

ケースをスライドさせると、駆動用のバッテリーが見えてきます。

a1-21

標準搭載されているバッテリーは、BP-6Xという型番でした。

a1-specification

取扱説明書に記載されている、製品仕様の詳細です。

まとめ

シンプルな設計となっている、Bluetoothヘッドホンです。
Bluetoothに対応しているだけでなく、ステレオミニ接続で利用できることが特徴です。

また各種ボタンの反応も良好で、機能に関してとくに気になる点はありません。
音質は全体的にフラットになっていますが、低音を少し強調している印象でした。

ちなみにコストパフォーマンスを考慮すると、同社のヘッドセットQY7に見劣りすることは事実。
故に「カナル型を避けたい」「長時間使用したい」「有線でも使用したい」という方に向きそうです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ