C270を三脚に固定する方法

2015年08月06日 [日記]

安価でありながら画質の良いWebカメラとして不動の人気を誇る、ロジクールのC270
今回の記事では三脚への取り付けに対応していないこの商品を、三脚対応に改造してみます。

Logicool Webカメラ C270

解説動画

関連記事:手元プレイ動画の作り方

C270とは?

HD 720pのテレビ電話や動画撮影が行える、ロジクールのエントリーWebカメラです。

c270-sankyaku-01

人気の理由は同価格帯の他社製品に比べて画質が良く、機能面に優れる点にあります。

c270-sankyaku-02

オートフォーカスには対応していませんが、手元撮影やビデオチャットに最適です。

用意するもの

Webカメラ本体は当然として、そのほかに必須なのはスマホホルダーと結束バンドです。

iPhone用三脚ホルダー

スマホホルダーはフレキシブルな三脚とのセットもありますが、ホルダー単体でも購入可能です。
(ただし私のオススメは、ホルダー単体とほぼ価格が変わらない三脚セットです)

c270-sankyaku-10

結束バンドとはこのような形をした耐久性に優れた資材で、ケーブルタイとも呼ばれます。

c270-sankyaku-11 c270-sankyaku-12

結束バンドは、最低でもロック可能な長さが11.5cm以上あるものを選択しましょう。

三脚に固定する方法

c270-sankyaku-03

まずC270の足を開きます。

c270-sankyaku-04

つぎにスマホホルダーへ、C270を差し込みます。

c270-sankyaku-05

C270と幅とスマホホルダーの幅が、ピッタリと合います。

c270-sankyaku-06

このとき、充分奥まで差し込みましょう。

c270-sankyaku-07

それから用意した結束バンドで、周囲を巻き付ければ完成です。
この状態にすると、故意に外そうとしない限りビクともしません。

c270-sankyaku-08

最後に三脚に取り付ければ完成です。
(このブログの画像は三脚で写真を撮影しているため、スライディングプレートを例にしました)

c270-sankyaku-09

もちろんWebカメラ本体の機能は制限しないため、角度を上下自由に動かすこともできます。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ