SS-B1 Bluetoothオーディオレシーバーレビュー

2015年08月20日 [日記]

好みのイヤホンを使用できる、BluetoothオーディオレシーバーのSS-B1
今回の記事ではハンズフリー通話が可能なマイクを内蔵した、この商品をレビューします。

Soundsoul SS-B1 Bluetoothワイヤレスオーディオレシーバー

レビュー動画

SS-B1のポイント

イヤホン自由
試聴には付属のイヤホン以外に、任意のイヤホンやヘッドホンが利用できます。
音楽操作対応
本体正面には音量や曲の操作が可能となる、便利なボタンを搭載しています。
マイク内蔵
本体側面に内蔵されたマイクにより、対応端末で通話することもできます。

商品説明

ss-b1-01

商品箱から視認できるのはオーディオレシーバー本体のみで、付属品は下部に入っています。

ss-b1-02

商品内容はオーディオケーブル、USBケーブル、レシーバー、イヤホン、取扱説明書の5点です。

ss-b1-03

オーディオレシーバー本体は光沢感のあるデザインで、ボタンの反応も良好です。

ss-b1-04

側面には通話用のマイクと、ステレオミニジャックを搭載しています。

ss-b1-05

背面にはクリップを備え、好みの場所に取り付けることができます。

ss-b1-06

microUSBコネクタに付属のmicroUSBケーブルを利用することで、充電が行えます。
充電時間は約2時間だとされ、フル充電状態で約4.5時間使用できるようです。

ss-b1-07

付属のイヤホンはカナル型となっており、軽量な設計です。

ss-b1-08

付属のmicroUSBケーブルは、前述のとおりオーディオレシーバーの充電に使用します。

ss-b1-09

付属のオーディオケーブルは、Bluetooth非対応のスピーカーへ接続する際などに使用します。

ss-b1-10

商品箱背面に記載されている仕様一覧です。
主にはBluetooth 3.0+EDRに対応していることと、駆動時間が約4.5時間であることが読み取れます。

まとめ

イヤホンが非一体型のため、好みのイヤホンやヘッドホンを接続可能なオーディオレシーバーです。

また付属のステレオミニケーブルを利用すれば、Bluetooth非対応のスピーカーをBluetooth対応に。
さらにカーステレオのAUX端子に利用すれば、車内のスピーカーで音楽を楽しむこともできます。

肝心の音質は接続するイヤホンやヘッドホンに左右されるため、使用者の環境次第。
付属のイヤホンでは聞こえていたノイズも、自身のヘッドホンを接続すれば皆無かつ高音質でした。

ちなみに気になる点を上げるとすれば、付属しているイヤホンの音質が悪いこと。
加えて約4.5時間だとされる駆動時間が、少し短いのではないかというところです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ