HD-P7 iPhone/Android対応の自撮り棒レビュー

2015年09月05日 [日記]

iPhone/Androidの両方に対応した、Bluetooth自撮り棒のHD-P7
今回の記事では6段階のスライド収納方式で長さの調節が可能な、この商品をレビューします。

Aukey HD-P7 Bluetooth自撮り棒

レビュー動画

HD-P7のポイント

使いやすい
全ての操作は撮影ボタンのみで行えるため、お手軽かつ簡単です。
角度調節可能
先端のスマートフォンホルダーは、およそ0~270°の範囲で可動します。
長さ調節可能
任意の場所でピッタリ止まるうえ、勝手に縮まることがありません。

商品説明

hd-p7-01

無駄をそぎ落としたデザインの商品箱です。
イメージ画像ではスマートフォンのホルダー部分が収納されているため、一見何か使うかわかりません。

hd-p7-02

商品内容は自撮り棒、microUSBケーブル、取扱説明書、メッセージカードの4点です。

hd-p7-03

自撮り棒本体です。
開梱当初は商品箱のイメージ画像と同じく、スマートフォンのホルダー部分が収納されています。

hd-p7-04

中央のメーカーロゴ付近には、全ての動作を一括して行える撮影ボタンを搭載しています。
この撮影ボタンは電源のオン/オフや撮影が行えるばかりか、点灯/点滅で状態を知らせてくれます。

hd-p7-05

自撮り棒の持ち手は光沢感を抑えたマットな質感で、ゴムのような手触りです。
この素材により、使用時に誤って滑らせてしまうことを防止しています。

hd-p7-06

スマートフォンのホルダー部分です。

hd-p7-07

収納状態から目測270°近辺まで、段階的に可動する設計です。

hd-p7-08

初期状態から180°動かし、持ち手の延長線上に位置させた状態です。

hd-p7-09

ホルダー部分は各種スマートフォンに対応できるよう、オレンジの部分が可動して挟み込んでくれます。

hd-p7-10

実際にスマートフォンを挟み込んだ状態です。

hd-p7-11

自撮り棒の底面にはmicroUSB端子を備え、自撮り棒の充電が行えます。
左の穴はアクセスランプになっており、充電時に赤く点灯します。

hd-p7-12

自撮り棒の充電に使用する、付属のmicroUSBケーブルです。

hd-p7-13

万が一の脱落を防止できる、ストラップも付属しています。
中央のボタンを押すことでボタンが移動し、ストラップの輪の大きさを自由に変えられます。

まとめ

撮影ボタンを押すだけで撮影の準備が整う、使いやすさに優れた自撮り棒です。
ペアリングモードは接続先の端末が未登録、もしくは周囲にない場合に自動で開始されます。

また持ち手はマットなラバー仕様のため手に吸い付くようで、ホルダー部分は可動範囲が広い設計。
それでいて意図しない角度変更がされないような仕組みですから、実際の撮影も捗るに違いありません。

さらに長さの調節も引っ張るだけで行え、長さを固定するために自撮り棒を捻る必要も皆無。
付属のストラップを使用すれば、自撮り棒の脱落を防止できる可能性がより高まります。

ちなみに音量キーがズームに設定されている一部のスマートフォンでは、設定変更の必要アリ
もし標準のアプリで音量キーを撮影に変更できない場合は、別のカメラアプリを導入しましょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ