設置型の8灯搭載LEDソーラーライトレビュー

2015年10月01日 [日記]

ワイヤレス人感センサーを搭載した、設置型の8灯搭載LEDソーラーライト
今回の記事では屋外でも使用可能な防水設計を施した、この商品をレビューします。

Mpow 8 LED ソーラーライト

レビュー動画

LEDソーラーライトのポイント

ソーラー駆動
配線やバッテリーを交換する必要なく、単独で駆動可能です。
人感センサー搭載
夜間に自動で点灯する、人感センサーを搭載しています。
LED×8灯搭載
旧モデルに比べ、周囲をさらに明るく照らせるよう改良されています。

商品説明

8-led-solar-light-01

商品箱には型番がありませんが、ソーラーライトという特徴は良く伝わります。

8-led-solar-light-02

商品内容はソーラーライト、取扱説明書、ネジ、アンカーの4点です。

8-led-solar-light-03

ソーラーライト本体上部には、採光を目的として傾斜されたソーラーパネルを搭載しています。
本体は水没に対応できないものの、ある程度の防水性能を備えているようです。

8-led-solar-light-04

ソーラーライト本体下部には、旧モデルよりも光量が増えた8灯のLEDを搭載しています。
中央の丸いパーツは人感センサーとなっており、こちらも旧モデルに比べ反応距離が延びています。

8-led-solar-light-05

背面にはソーラーライトの設置方法が掲載されており、動作スイッチも搭載しています。
この動作スイッチを操作することにより、動作オフと3つの動作モードから選択できます。

8-led-solar-light-06

各動作モードは下記の通りです。

1 – 常時点灯モード:人感センサーの反応に関係なく、常に強い光を点灯し続けます。
2 – 微明待機モード:常に薄暗く点灯しますが、人感センサーが反応すると強く光ります。
3 – 消灯待機モード:常に消灯状態を保ちますが、人感センサーが反応すると強く光ります。

どの動作モードも、周囲が暗くならないと点灯しない設計です。

まとめ

コンパクトな筐体からは想像しにくい、強い光を発するLEDソーラーライトです。
本体は防水設計になっており、屋内だけなく屋外への設置にも対応できます。

また設置の際に必要なネジやアンカーも付属しており、ドライバーさえあれば簡単に設置可能。
ただし壁と密着させる前に、本体背面のスイッチで任意の動作モードを選択しておきましょう。

ちなみに私のオススメ動作モードは2番目の薄灯待機モードか、3番目の消灯待機モード。
どちらも人感センサーによって強く点灯するため、防犯用途としての効果も期待できます。

全体的に不満が見当たらないこのソーラーライトですが、あえて挙げるとバッテリーについて。
どこにも交換できるようなギミックが見当たらないため、どれほどの寿命なのか気になるところです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ