M06 密閉ダイナミック型ヘッドセット レビュー

2015年10月02日 [日記]

パワフルなツインドライバーによる低音が特徴な、ワイヤレスヘッドセットのM06
今回の記事では躍動感のあるワイドレンジ再生を実現するという、この商品をレビューします。

AUSDOM M06 ワイヤレスステレオヘッドセット

レビュー動画

M06のポイント

パワフルな低音
40mm径ダイナミックドライバーにより、重厚な低音を放ちます。
良好な装着感
左右と頭頂部のイヤークッションにより、装着感に優れています。
有線接続対応
付属のオーディオケーブルを利用すれば、有線での接続も行えます。

商品説明

m06-01

ある程度の高級感を感じる商品箱です。

m06-02

商品内容はヘッドセット、取扱説明書、USBケーブル、オーディオケーブルの4点です。

m06-03

ヘッドセットは、左右の部分が90度折りたためる構造になっています。

m06-04

ヘッドセット本体です。

m06-05

筐体にはアルミを採用し、適度な光沢感を持たせています。

m06-06

ヘッドバンドです。

m06-07

このヘッドバンドは、好みに合わせて伸縮することができます。

m06-08

頭頂部のイヤークッションです。

m06-09

左右のイヤークッションです。

m06-11

左側の操作ボタン群です。
マイクやアクセスランプを搭載しています。

m06-10

左から電源ボタン、ボリュームダウン、ボリュームアップです。

m06-12

一番右には、有線接続用のステレオミニジャックを備えています。

m06-13

右側の操作ボタン群です。
充電用のmicroUSB端子を搭載しています。

m06-14

左から曲戻し、再生/一時停止、曲送りです。

m06-15

左側と違い、この部分に端子は存在しません。

m06-16

ヘッドセットの充電に使用する、microUSBケーブルです。

m06-17

Bluetooth非対応の端末と接続する場合には、このオーディオケーブルを使用します。

まとめ

長時間の音楽試聴でも耳を痛めにくい、密閉型のワイヤレスヘッドセットです。
左側にマイクを内蔵しているため、対応端末においてはハンズフリー通話も行えます。

また全体的な工作精度は悪くなく、イヤークッションの厚みも必要十分。
しかし密閉型を謳う割に、音量を上げると音漏れする点には注意が必要です。

ちなみに音質はパワフルな低音というだけあって、低音が強調された印象。
しかしその強調も不快に感じない程度で、低音~高音までバランスの良い音質だと感じました。

もう少し音に厚みがあれば良いのでしょうが、この価格帯にそれを望むのは酷でしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ