Zelotes Optical Mouse ゲーミングマウス レビュー

2015年10月26日 [日記]

5500dpiという高解像に対応した、ゲーミングマウスのZelotes Optical Mouse
今回の記事ではLEDの色や5種類のdpiを切り替え可能な、この商品をレビューします。

Arespark Zelotes Optical Mouse ゲーミングマウス

レビュー動画

Zelotes Optical Mouseのポイント

5500dpi対応
1000~5500dpiまで、全5種類のdpiから選択することができます。
7ボタン搭載
一般的なボタンに加えて、dpi変更・ダブルクリック・進む・戻るを搭載です。
LED搭載
全6色のLEDを内蔵しており、発光色を好みの色で固定することができます。

商品説明

zelotes-optical-mouse-01

商品箱には、蠍のマークが描かれています。

zelotes-optical-mouse-02

商品内容はマウスと取扱説明書の2点です。

zelotes-optical-mouse-03

マウス本体の外観です。

zelotes-optical-mouse-04

マウスの奥側です。

zelotes-optical-mouse-05

マウスの手前側です。
商品箱のマークは蠍ですが、どう見ても蜘蛛です。

zelotes-optical-mouse-06

マウスの左側面です。
親指がかかりやすいように、凹みが設けられています。

zelotes-optical-mouse-07

マウスの左後部です。
マウス底面に向かって、広がっている形状です。

zelotes-optical-mouse-08

マウスの後部です。
マウスの上部から後部に向かって、なだらかにカーブしています。

zelotes-optical-mouse-09

マウスの右後部です。

zelotes-optical-mouse-10

マウスの右側面です。
薬指と小指がかかりやすいように、溝が設けられています。

zelotes-optical-mouse-11

左クリック付近です。
左クリック・右クリックともにボタンの反応は良好で、500万回クリックの耐久性を備えています。

左クリックの直近がファイアボタンとなっており、ダブルクリックが1クリックで行えます。
その下部にはサイドボタンを備え、奥側が進む、手前側が戻るです。

zelotes-optical-mouse-12

左側面と右側面には少し光沢感があり、汗の具合によっては若干滑りやすい印象です。

zelotes-optical-mouse-13

右クリック付近です。
ホイールの下部にはdpi変更ボタンを備え、いくつかのdpiから選択できます。

zelotes-optical-mouse-14

ホイールの高さは一般的なマウスと同等か、少し低い印象です。
回した感触はスムーズというよりは、クリック感のあるタイプです。

zelotes-optical-mouse-15

底面のマウスソールです。
薄めなうえ滑りやすくもないですから、任意のソールを利用するべきです。

zelotes-optical-mouse-16

ケーブルには青色の配色を採用しており、ケーブルの皮膜は絡みにくいメッシュタイプです。

zelotes-optical-mouse-17

USBコネクタは金メッキではありません。

zelotes-optical-mouse-18

ケーブルにはフェライトコアを備えています。

まとめ

5500dpiという高解像度のセンサーを搭載した、安価なゲーミングマウスです。
dpiは1000/1600/2400/3200/5500dpiの5種類の中から、任意に選択することができます。

また本体後部には全6色に光るLEDライトを備え、色の固定化や消灯にも対応。
左クリック付近には一般作業やFPSで役立ちそうな、ダブルクリックボタンを搭載しています。

――と基本機能が充実していそうなこのマウスですが、いくつかの欠点が存在します。

まずは各種ボタンの割り当てを変更する、管理ソフトウェアが提供されていないこと。
そのためホイールの操作中に誤爆しがちな、dpi変更ボタンの無効化も行えません。

つぎにサイドボタンの感触が柔らく、奥側にある進むボタンの応答性が悪いこと。
私はこの位置に全体マップを割り当てているのですが、3回に1回しか反応しなかったです。

さらにデフォルトのソールの滑りも円滑とは言えず、ソールの重ね張りが推奨されること。
全体的に見るとボタン割り当てが不要で、サイドボタンの使用頻度が少ない方向けと言えそうです。

機能変更の方法

LED色の固定化

進むボタンを2秒間長押しし、色が短く切り替わっていくことを確認します。
その後固定したい色が点灯したところで、進むボタンを離します。

LED色のローテーション化

進むボタンを2秒間長押しし、赤が光ったら離します。
赤は2度点灯しますが、1度目で離すと色のローテーション化、2度目で離すと色の固定化です。

LEDの消灯および点灯

dpi変更ボタンを2秒間長押しします。
LEDの消灯から点灯、LEDの点灯から消灯も同じ操作です。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ