SK-M4 耐衝撃のタイヤ型Bluetoothスピーカー レビュー

2015年10月31日 [日記]

高品質のゴムを採用した、タイヤ型BluetoothスピーカーのSK-M4
今回の記事ではIPX4の防水性能と耐衝撃性能を備えた、この商品をレビューします。

Aukey SK-M4 Bluetoothスピーカー

レビュー動画

SK-M4のポイント

防水対応
水の飛沫による有害な影響を受けない、IPX4に対応しています。
耐衝撃対応
高品質のゴムを採用し、背面には防塵カバーも備えています。
迫力のサウンド
小型ながら3Wのスピーカーと、バスレフ構造を搭載しています。

商品説明

sk-m4-01

商品箱は珍しく、2箱での構成となっています。

sk-m4-02

商品内容はハンドストラップ、スピーカー、取扱説明書、microUSBケーブル、
ステレオミニプラグのオーディオケーブル、メッセージカードの6点です。

sk-m4-03

スピーカーのカラーには、鮮やかなイエローとブラックを採用しています。

sk-m4-04

スピーカー上部からは、アウトドア向けであることが認識できます。

sk-m4-05

スピーカーの周囲には高品質なゴムを備え、耐衝撃性能を備えています。

sk-m4-06

さらに回転可能なスタンドを搭載しており、

sk-m4-07

このように自立することもできます。

sk-m4-08

また背面には、防塵用カバーの内部に各種端子を備えています。

sk-m4-09

左からステレオミニジャック、microUSB端子、充電状態を表示するアクセスランプです。

sk-m4-10

ハンドスラップは太く、ボタンで止める設計です。

sk-m4-11

小さな箱に入っていたステレオミニオーディオケーブルで、若干半透明になっています。

sk-m4-12

microUSBケーブルは、少し短い印象です。

音質テスト

まとめ

タイヤ型のデザインと鮮やかなイエローが目を惹く、Bluetoothスピーカーです。
周囲には耐衝撃性能を誇るゴムとスタンドを搭載を備え、スピーカー単独で自立します。

自立するその姿は、まさにタイヤそのもの――

また本体は防沫に対応した防水設計(IPX4)となっており、キッチンや浴室なら問題無く使用可能。
表記からは出力が少ないように見える3Wの内蔵ドライバも、音質テストでは気になりませんでした。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ