TT-SH013 自転車用スマートフォンホルダー レビュー

2015年11月05日 [日記]

各種スマートフォンが取付可能な、自転車用スマートフォンホルダーのTT-SH013
今回の記事では好きな場所に固定でき360度回転にも対応した、この商品をレビューします。

TaoTronics TT-SH013 自転車ホルダー

レビュー動画

TT-SH013のポイント

各種スマホ対応
幅5cmから10cmまでの、各種スマートフォンに対応しています。
二重保護設計
左右からクリップアームで保持するほか、ゴムバンドでさらに固定できます。
360度回転対応
ホルダー部分は360度回転に対応しており、横向きでの使用も可能です。

商品説明

tt-sh013-01

商品箱はシンプルなデザインです。

tt-sh013-02

商品内容はハンドルマウンタ、スマホートフォンホルダー(以下:ホルダー)、
メッセージカード、ゴムバンド(オレンジ)、ゴムバンド(ブラック)、取扱説明書の6点です。

tt-sh013-03

スマートフォンを設置するホルダーです。

tt-sh013-04

右側面の下部にはリリースボタンを備えており、

tt-sh013-05

押すことで両端のアームが展開します。

tt-sh013-06

またスマートフォンと接する面にはゴムクッションを備え、

tt-sh013-07

約1mmの円形のものと、

tt-sh013-08

襞上になったゴムにより、スマートフォンの保持力を高めています。

tt-sh013-09

この襞には、柔らかいゴムが採用されています。

tt-sh013-10

ハンドルマウンタは、上部のネジを回すことによって固定が可能です。

tt-sh013-11

このネジはレバーのようになっており、上下に動かすことで脱着が簡単に行えます。

tt-sh013-12

ホルダーとハンドルマウンタを組み立て、ゴムバンドも取り付けた状態です。

tt-sh013-13

ゴムバンドは、同じサイズのものが2種類付属しています。

tt-sh013-14

正面から見た状態です。
下部から、ゴムバンドが少し顔を出しています。

tt-sh013-15

スマートフォンをホルダーに取り付けた状態です。

tt-sh013-16

そこからさらに、ゴムバンドを取り付けた状態です。

tt-sh013-17

背面から見るとゴムバンドが伸び、スマートフォンの固定に役立っていることがわかります。

tt-sh013-18

ホルダーは360度回転に対応しており、スマートフォンを横にすることもできます。

まとめ

両端のアームに加えて固定用のゴムバンドを採用した、自転車用のスマートフォンホルダーです。
ゴムバンドを使用しないという選択肢もありますが、振動での脱落を防ぐため使用を推奨します。

またスマートフォンを挟むアームには柔らかなゴムを備え、傷を防ぎつつ保持力の向上に貢献。
アームはリリースボタンを押すと展開し、一端縮めるとボタンを再度押さない限り広がらない設計です。

さらにハンドルマウンタは使いやすさに配慮されており、レバー式の固定方法を採用。
一度ハンドルの太さを決めて固定した後は、とくにネジの操作なくレバーの上げ下げで脱着できます。

ちなみに自転車用のスマートフォンホルダーには、ケース型とこのようなホルダー型があります。
前者の利点は防水に対応できることで、後者の利点はスマートフォンの固定が容易なことでしょう。

加えてホルダー型はケース型と違い、ディスプレイの視認性に優れるという点も挙げられます。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ