MJ6600 マイク付きのカナル型イヤホン レビュー

2015年12月02日 [日記]

音楽を楽しむだけでなく通話にも対応した、カナル型イヤホンのMJ6600
今回の記事では手元で音楽の再生/一時停止が可能な、この商品をレビューします。

JBM – カナル型イヤホン MJ6600

MJ6600のポイント

リモコン搭載
手元で音楽の再生/一時停止や通話応答が可能な、リモコンを搭載しています。
マイク内蔵
対応端末で音声通話が可能なマイクを、リモコンに内蔵しています。
L型プラグ
ストレートに比べて邪魔になりにくい、L型のプラグを採用しています。

商品説明

mj6600-01

パッケージは、グレーの厚紙を採用しています。

mj6600-02

開封したところです。

mj6600-03

商品内容はイヤホン、イヤーピース、ケーブルクリップ、ポーチ、取扱説明書、サンプルCDの6点です。

mj6600-04

イヤホンのデザインはグレーを基調にしており、一部に金属が採用されています。

mj6600-05

右側のイヤホンです。
左右の判別は、画像の中央部分で行えます。

mj6600-06

中央部分が金属になっています。

mj6600-07

イヤーフックはありません。

mj6600-08

左右対象のデザインに見えます。

mj6600-09

上部から見ると、先端が僅かに右に傾いているように見えます。

mj6600-10

音楽再生/一時停止や通話応答が行えるボタンと、内蔵マイクです。

mj6600-11

ケーブルの終端には、L型のステレオミニプラグを採用しています。

mj6600-12

付属しているポーチです。
留め具にはバネが採用されており、開け閉めが軽い力で行えます。

mj6600-13

イヤホンの仕様です。

mj6600-14

イヤホンの重量は、ケーブル込みで約11gです。

まとめ

基本的な付属品が同梱された、スタンダードなカナル型イヤホンです。
イヤーピースも3種類付属しており、好みのサイズを選択して視聴できます。

また付属しているポーチの上部にはバネが採用されており、紐式に比べて開け閉めが容易。
このポーチの中にはイヤホンはもちろん、交換用のイヤーピースを入れても良いでしょう。

ちなみに音質は全体的に明瞭感がなく、低音が多い音源との相性は最悪の部類。
高音が多い音源では多少持ち直しますが、全体的には並以下といった印象です。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ