MJ9600 金属筐体採用のカナル型イヤホン レビュー

2015年12月02日 [日記]

シルバーのカラーを筐体全面に採用した、カナル型イヤホンのMJ9600
今回の記事では携帯に便利な付属品を備えた、この商品をレビューします。

JBM – カナル型イヤホン MJ9600

MJ9600のポイント

リモコン搭載
Apple端末との接続時に有効となる、音量調整を搭載しています。
金属筐体
筐体全面に金属を採用しており、強い光沢感を備えています。
L型プラグ
ケーブルの終端はL型プラグとなっており、耐久性に配慮されています。

商品説明

mj9600-01

パッケージからも、筐体が持つ光沢感が伝わってきます。

mj9600-02

パッケージは、右側面から開く設計です。

mj9600-03

商品内容はイヤホン、イヤーピース、ケーブルクリップ、ポーチ、取扱説明書、サンプルCDの6点です。

mj9600-04

イヤホンのデザインはシルバーを基調としており、光沢感がかなり強いです。

mj9600-05

筐体全面がこのように反射する設計です。

mj9600-06

右側から中央に向かって、膨らんでいく形状です。

mj9600-07

イヤーピースは付属している3種類の中から、自由に変更できます。

mj9600-08

これまでのシリーズ同様、中央にメーカーロゴが存在します。

mj9600-09

上部から見た状態です。

mj9600-10

ケーブルに備えられたコントローラーでは、対応端末で音量調節が可能です。
また印はありませんが、中央を押すことで音楽の一時停止も行えます。

mj9600-11

裏面には通話用のマイクを内蔵しています。

mj9600-12

ケーブルの終端には、邪魔になりにくいL型ステレオミニプラグを採用しています。

mj9600-13

付属しているポーチは、以前紹介したMBJ-6600と同じデザインです。

mj9600-14

イヤホンの仕様です。

mj9600-15

イヤホンの重量は、ケーブル込みで約12gです。

まとめ

光沢感のシルバー筐体が目を惹く、マイクを内蔵したカナル型イヤホンです。
ケーブルには簡易コントローラーを備え、iPhoneにて音量調整が可能な設計です。

また携帯用のポーチやケーブルクリップ、3種のイヤーピースなど豊富な付属品が特徴。
通常なら1ペアしか付属していない、中サイズのイヤピースも付属している充実度です。

ちなみに音質は低音を強調する傾向で、音源によっては低音の主張が大変激しくなります。
その点を考慮するとまだ前回紹介したMJ8600のほうが、バランスに優れている印象です。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ