Apollo S1 ソーラーLEDライト レビュー

2015年12月07日 [日記]

ソーラエネルギーで充電できるため環境に優しい、ソーラーLEDライトのApollo S1
今回の記事では日当りの良い場所ならどこでも設置できる、この商品をレビューします。

LEPOWER – ソーラーLEDライト Apollo S1

Apollo S1のポイント

ソーラー充電式
配線不要で簡単に設置できる、ソーラーパネルを搭載しています。
8灯LED搭載
全灯モードで6時間点灯する、明るいLEDを採用しています。
防水設計
屋外にも設置可能な、IP64の防水性能を備えています。

商品説明

apollo-s1-01

パッケージには、珍しく日本語での表記が見られます。

apollo-s1-02

商品内容はソーラーライト、取扱説明書、取付ネジ×2、アンカー×2の4点です。

apollo-s1-03

上部には防水性能IP64に準拠した、ソーラーパネルを搭載しています。

apollo-s1-04

中央には人感センサーを、下部には8灯のLEDライトを搭載しています。

apollo-s1-05

中央部分が最も厚く、設置する壁面から約50mmあります。

apollo-s1-06

背面にはスライドスイッチを備え、3つの点灯モードに対応しています。

apollo-s1-07

全灯モード:センサーの状態に関わらず、常に強く点灯し続けます。
DIMモード:通常状態では弱く光り、センサーが感知すると強く点灯します。
感知モード:通常状態では消灯し、センサーが感知すると強く点灯します。

一番左にしておけば、暗くなっても点灯しません。

apollo-s1-09

全灯状態での静止画像です。
この画像では、実際の明るさが上手く伝わりません。

apollo-s1-10

全灯状態での動画抽出画像です。
この画像の方が、実際の使用感に近いです。

apollo-s1-11

DIMモードでしか見られない、微灯状態での動画抽出画像です。

apollo-s1-08

ソーラーライトの重量は、約208gです。

まとめ

太陽光で充電できるため省エネかつ環境に優しい、8灯LEDを搭載したソーラーLEDライトです。
明るい昼間は転倒しないため充電に専念でき、暗くなると設定したモードに応じて点灯します。

またLEDが全て光る全灯状態はかなり明るく、数メートル先まで見通せる設計。
少し高めに設置しておけば広範囲を照らせるため、視認距離および防犯効果はさらに高まります。

ちなみに気になる点は、直射日光が十分当たる場所でないと数日で電池切れを起こすこと。
本体はIP64の防水性能を備えていますから、雨が当たる場所であろうとも日当たりを重視しましょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ