0S03361 Deskstar 4TB HDD レビュー

2015年12月11日 [日記]

800GBプラッタ5枚と32MBキャッシュを内蔵した、Deskstarシリーズの4TB HDDである0S03361
今回の記事では故障率が低いHMS5C4040ALE640とも表記される、この商品をレビューします。

HGST – Deskstar 4TB HDD 0S03361

0S03361のポイント

低故障率
Backblazeの調査において、毎回低い故障率を叩きだしています。
3年保証
ただでさえ故障しにくいうえ、より安心できる3年保証が付属しています。
静音駆動
回転数5,700rpmに対応し、静音性を実現しています。(CrystalDiskInfo調べ)

商品説明

0s03361-01

パッケージは白い箱で、容量とキャッシュが左上に記載されています。

0s03361-03

右側面には、商品内容と注意事項について記載されています。

0s03361-04

左側面には、音楽・画像・動画を保存した場合の目安が記載されています。
下部には対応OSの記載がありますが、Windows 7までしかありません。

HDDの製造月は2015年5月ですから、単純にパッケージ変更のコストを削減しているのでしょう。

0s03361-05

パッケージの裏面です。

0s03361-06

裏面上部では、HDDに採用されているCoolspin技術に関して解説されています。

0s03361-02

商品内容はHDD、取扱説明書、インチネジ×4、クイックガイド、バックアップガイドの5点です。

0s03361-07

0S03361本体です。

0s03361-08

0S03361の裏面です。

0s03361-09

0S03361の重量は、約698gです。

Coolspinとは?

優れた低消費電力特性と静音動作を実現する、HGSTの技術です。
性能・消費電力・騒音が最もバランス良くなるよう、モーターの回転数を最適化します。

WD30EZRZ-RTとの外観比較

左が今回の0S03361で、右が前回のWD30EZRZ-RTです。

0s03361-10

0S03361は左下の形状が特徴的です。

0s03361-11

容量だけでなくメーカーも違うだけあって、幾分差違があります。

ベンチマーク

マザーボード上のSATA 6Gコネクタにて、フォーマット直後に計測しました。

CrystalDiskInfo 6.5.2 x64

0s03361-diskinfo

CrystalDiskMark 5.0.2 x64

0s03361-benchmark-01

CrystalDiskMark 3.0.3b x64

0s03361-benchmark-02

まとめ

バックアップ企業 Backblazeにて好成績を残していることから、試しに入手してみた4TB HDDです。

製造年月日は2015年5月ですが、重量を見る限り未だ800GBプラッタのうえ、内蔵キャッシュは32MB。
そのため最近の1TBプラッタのHDDに比べると、ベンチマークがあまり振るっていないことは事実です。

しかし高性能でも安価でもないHGSTのHDDをあえて導入する理由は、これまで記載している低故障率。
レポートが存在する2013~2015年の間で、動作トラブルの発生率が他社を超えたことはないようです。

つまり重要なデータを長く保存するという目的において、最も適したHDDだと言えるでしょう。

参考サイト:Backblaze Hard Drive Data Sets 2015 Stats > Q1 / Q2 / Q3


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ