DIGNO V (KYV42_u)の性能解説

2017年07月18日 [日記]

防水・防塵・耐衝撃性能を備えた、安心の国内品質を誇るDIGNO V (KYV42_u)。
今回の記事ではクリアで快適な通話が行える、このスマートフォンを解説します。

デザインについて

カラーはホワイト、ネイビーの2色です。

全体的に丸みがかった旧モデルのDIGNO Wと比べ、全体的にスマートになった印象。
個人的にはこのDIGNO Vのように若干角張っていたほうが、持ちやすく落としにくいです。

引用元:DIGNO V | UQmobile

機能について

スマートソニックレシーバー搭載

相手の声をよりクリアに聞き取れる、京セラ独自のスマートソニックレシーバーを搭載。
さらに聞こえ調整を利用することで、使用者が聞きやすい音質に調整することができます。

MIL-STD-810G準拠

防水や防塵はもちろんのこと、安心の耐衝撃・耐振動・温度耐久性に対応。
ディスプレイには傷がつきにくいDragontrail Xを採用しており、長く使い続けられます。

約1,300万画素のメインカメラ

独自の画像処理エンジンであるAINOS Engineを搭載し、薄く暗い場所でも綺麗に撮影できます。

スペックについて

低価格帯に属するため高性能とは言えないものの、オクタコアCPUのMSM8937と2GBメモリを搭載。
ベンチマークも実使用上十分な数値を示しており、ゲーム用途でなければほぼ不自由しないでしょう。

項目
DIGNO V (KYV42_u)
カラーホワイト / ネイビー
サイズ約73mm×約146mm×約8.9mm
質量約139g
ディスプレイ約5.0インチ(720×1280)
OSAndroid 7.1
CPUMSM8937(1.4GHz×4+1.1GHz×4)
RAM2GB
ROM16GB
外部メモリmicroSDXC(256GBまで)
アウトカメラ約1300万画素
インカメラ約500万画素
受信速度(LTE)最大150Mbps
送信速度(LTE)最大25Mbps
連続待受時間(4G LTE)約650時間
連続通話時間(VoLTE)約1300分
電池容量2,600mAh
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothVer.4.2
外部接続microUSB
防水IPX5 / IPX8
防塵IP5X
テレビ×
SIMnanoSIM
VoLTE対応
赤外線対応
テザリング対応

ベンチマーク結果

Antutu Benchmark

Geekbench 4

3DMark

各ベンチマーク平均値

DIGNO V (KYV42_u)
平均値
結果A
結果B
結果C
Total43460436654365343061
3D8237831583218075
UX16147162971626215883
CPU14363143241440314361
RAM4713472946674742
Single-Core Score664665663664
Multi-Core Score2139218221222114
Ice Storm Unlimited9470947694689465


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ